このページの先頭です

マタニティ歯科相談(マタニティ:その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > マタニティ歯科相談室 > マタニティ:その他 > 妊娠することで歯の色素沈着がおこりますか

マタニティ歯科相談室

マタニティ その他 Q&A

2016年12月27日

妊娠することで歯の色素沈着がおこりますか

妊娠をしてから原因がはっきりしませんが、歯の表面が茶色くなりました。
かための歯ブラシでこすればとれますが、妊娠することで歯の表面が茶色になってくるということがあるのでしょうか。

鈴木麻美先生からのアドバイス

妊娠により、唾液の性状の変化、つわりや飲食物の嗜好の変化により、歯の表面の色素沈着が起こることがあります。
単純に歯の表面に汚れが付いたための変色のこともあれば、つわりによる酸などが歯の表面を少量溶かしてしまい、それによってざらついた部分に茶色などの色素が沈着することもあります。
防ぐためには、吐いてしまった時や飲食をしたときには、まず口をゆすぎ、歯を磨くようにしましょう。歯の形が変化したなどのことが無ければ、体調の良いときに歯科医院でクリーニングしてもらうことで、色素沈着による変色は改善されます。
また、出産後にはフッ素を塗ったりして歯を強化していくことも良いでしょう。

鈴木麻美先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

マタニティ歯科相談室

プレママ期、生まれて1歳までの赤ちゃんのお口に関するご相談に、
日本歯科大学附属病院マタニティ歯科外来チームの医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する