このページの先頭です

マタニティ歯科相談なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 第5回 防災オーラルケアキャンペーン

防災オーラルケアキャンペーンキャンペーン結果発表

6,364名様にお答えいただきました 有効回答数

実施期間:2013年9月2日(月)~ 2013年9月30日(月) 多くのお客様からのご回答を頂きました。ありがとうございます!

防災オーラルケアキーワードキャンペーンの応募者様にご回答いただいた、キャンペーンの回答結果をご報告いたします。

クエスチョン 非常用の備蓄品(持ち出し袋など)を準備していますか?

はい いいえ

約半数の方が準備しているとのこと。いつ起こるか分からない非常時のために備えがあると安心ですよね。

クエスチョン2 1の質問ではいと答えられた方にお伺いしました。 日ごろ使うものとは別に、非常用として備蓄している用品を選んでください。

水 食料 ラジオ 懐中電灯 現金などの貴重品類 衣服 医薬品 衛生用品 (ウェットティッシュなど)

水や食料などの必須アイテムと比べて、忘れがちなのが医薬品や衛生用品など。
皆さんの備えは、いかがですか?

クエスチョン3 非常用の備蓄品として、オーラルケア用の用品(歯ブラシ、マウスウォッシュなど)を備えていますか?

はい いいえ

オーラルケア用品は備蓄品として思い浮かびにくいアイテムです。
非常時は水の用意が難しい場合も多いので、マウスウォッシュなど水が不要のお手入れ用品があると便利ですよ。

クエスチョン4 通常時・非常時を問わず、自分で歯みがきができるようになって以降 おくちのお手入れをしないで過ごした、人生の中での最長日数を教えてください。

0日間 1〜3日間 4〜7日間 8〜14日間 (2週間以内) 15〜30日間 (1ヶ月以内) 31日以上 (1ヶ月以上)

毎日欠かさずお手入れができている方は約半数。長い日数お手入れできない経験の方は、
事故や病院で入院されていたケースが多かったです。

クエスチョン5 おくちのお手入れをしないで過ごした最長日数のときのそうなって しまった理由や、思ったこと感じたことなどエピソードを教えてください。

日々の生活のありがたさを実感

東日本大震災で被災し、家屋は無事だったものの避難所
での生活が続いた。数日間家に帰って日用品を取りに行く
ことも、救援物資が届くことも数日間できずに我慢する
しかなかった。周囲の人も同じ状況だったが、
不衛生で少ない水でうがいをすることしかできなかった。
日常的にしていることができないのは大変不便に
感じたし、日々の生活のありがたさを感じた。

妊娠中 38歳 女性

口臭が気になり嫌な気分になった

インフルエンザになった時、40度近い熱が2日間続いた
日に1日だけ磨くことができませんでした。
朝、起きた時にインフルエンザの症状とも相まってだと
思うのですが、口の中がネバネバして、
家族と会話するのも憚れるくらいに口臭が気になり、
一刻も早くうがいをしたり歯が磨きたいと思うほど
嫌な気分になった記憶があります。

育児中(1~6歳児) 31歳 女性

寝込んで歯磨きができなかった

風邪をひいて寝込んだ時に歯磨きができなかった
のを覚えています。口の中が乾いて、
でも、ねばついて気持ちが悪かったのを覚えています。
その時は仕方がないと思っていましたが、
非常時には、おくちのお手入れは不可欠だと今回
感じました。子供が6人いますので、
きちんと備えなければならないと思いました。

産後12ヶ月以内 34歳 女性

想像以上の歯磨きができないつらさ

旅行先で行った花火大会が、大雨・洪水・雷雨で
中止となり、電車も止まり、立ち往生していた矢先に
避難所が何箇所か開放された。ただ、歯磨きセット
なんて持っていなかったので、宿泊所に戻るまで
歯磨きできませんでした。電車が動き出すまで5時間、
ホテルに戻るまで4時間。歯磨きできないのが
こんなにも苦痛だとは思いませんでした。

37歳 女性

今回は震災を経験された方からも、たくさんの貴重なご意見を伺うことができました。
皆さんも、オーラルケアなど日頃なにげなく行っていることから非常時のことを想像して、
防災について考えてみてはいかがでしょうか?