このページの先頭です

マタニティ歯科相談なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > 特集・対談 > 実は重要! プレママの歯科受診

実は重要!「プレママの歯科受診」

プレママの皆さん、出産前に歯医者さんに行く計画立ててますか?「むし歯はないし、行かなくて大丈夫!」と思ってるあなた、むし歯の有無も重要ですが、他にもプレママ期に知っておくべき、赤ちゃんのおくちの健康を守る秘訣があるんですよ!第1回は、プレママが歯科受診をすることの意味に迫ります!

児玉実穂先生

今回お話をお伺いした先生

児玉 実穂 先生
日本歯科大学附属病院 マタニティ歯科外来長
「マタニティ歯科外来」は妊娠中の女性に積極的に歯科を受診してもらえるように、女性スタッフのみで構成された専門外来です。プレママの診察を数多く手がけてきた児玉先生に、プレママのお口のことをいろいろ伺ってきました。
2013.5.24更新

プレママのお口の環境って最悪なこと、知ってました?

児玉先生
突然ですが、プレママが重度の歯周病になると、
早産・低体重児出産の頻度が高まる可能性があるってご存知ですか?
レポーター
えっっ!? そうなんですか?
児玉先生
歯周病は、簡単に言うと歯ぐきがはれたり、血が出やすくなったりして弱っている状態なんですけれども、そのときに歯ぐきに溜まったバイ菌と戦うために、自分の体が出す物質が子宮を収縮させる働きがあって、早産を引き起こす可能性があるという報告があります。

他にも、プレママ期は歯周病になりやすいっていうこと、ご存知ですか?
レポーター
え!それも知らないです・・・。
児玉先生
妊娠すると、血液中の女性ホルモンの分泌量が増えるんですけれど、歯周病を引き起こすお口の菌の中に、この女性ホルモンが大好きな菌がいるんですね。
妊娠中はこの菌が増えやすくなってしまうんです。

他にも、お口の中が不衛生になると、菌も増えやすい環境になるんですが、妊娠中はつわりでお手入れがきちんとできなかったりしますよね。
また、嘔吐で胃酸がお口に戻ってしまい、お口の中が酸性になってしまうことも、お口の環境としては良くない状態です。
さらに、お腹が大きくなって胃を圧迫すると、1回に食べる量が減って何回も食べるようになりますよね。お口の中に糖分を含む回数が増えてくると、お口の中の悪い菌が酸を作って、むし歯のできやすい環境を作り出してしまうんです。
レポーター
プレママのお口って、よくないことだらけですね・・・。
児玉先生
その上、妊娠するとホルモンバランスの影響で、唾液の量も減ったりする方もいるんですよね。唾液にはお口の中を洗い流す作用があるんですが、唾液の量が減ってしまうと、キレイにする力が弱くなって、お口の環境が悪くなってしまいやすいんです。
レポーター
あ〜、私も妊娠中は口の中パサパサでした・・・。こんなにも悪いことだらけなんですね。

次は、むし歯から赤ちゃんを守るのに大切なこと!