このページの先頭です

マタニティ歯科相談なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > 特集・対談 > プレママの歯科受診体験!

「プレママの歯科受診体験!」

前回、プレママが歯科受診をして、お口の中を健康にしておくことの大切さをお伝えしました。では、実際プレママが歯科に行ったらどんなことするんでしょう?「妊娠中の受診はちょっと心配・・・」「お腹が大きくて診察の姿勢がつらいんだけど・・・」など、いろいろ不安をかかえて、歯医者さんへ行くのをためらっているあなたのために、プレママのための歯科「マタニティ歯科外来」の受診を体験してきました!

宇賀道子さん

マタニティ歯科外来受診を体験していただいたのは

宇賀 道子 さん(妊娠6ヶ月)
プレママになってからも、仕事が忙しかったりと他のことに気をとられ、
お口の中のことは後回しになってました・・・。
今のお口がどんな状態か、ドキドキしてます。
2013.6.11更新

受診したのは

日本歯科大学附属病院 マタニティ歯科外来

「マタニティ歯科外来」は妊娠中の女性に積極的に歯科を受診してもらうため
に、日本歯科大学附属病院内に設立された専門外来です。

大学病院の小児歯科のフロアの一角にある専用個室が、
マタニティ歯科外来の診察室。
出産後も赤ちゃんをつれて気兼ねなく通えるように
にぎやかな小児歯科の隣に開設したそう。

診察台は、通常よりフカフカ!
仰向けになるのがつらいプレママのために
すわり心地にこだわってます。

妊娠中は男性には話しにくいこともありますよね。マタニティ歯科外来はスタッフ全員が女性!研修中の学生さんが立ち会う場合でも、女子学生限定です。

授乳室もあります!治療が産後に長引いた場合でも、
安心の体制ですね。

診察開始!

プレママ専用の問診表を記入後、診察台へ。
先生が問診表の内容をチェックしていきます。
通常の問診に加え、プレママならではの項目も
しっかりチェックします。

次に先生が歯とお口の状態を診察。

ここで歯科衛生士さんに交代。
歯茎の状態をチェックします。
歯と歯茎の間の隙間がどれくらいあるかを測っています。
隙間が大きいほど、炎症をおこしています。

歯1本ごとに測っていくので、
炎症の起こってる部位は見逃しません!
妊娠中は、ホルモンバランスの関係で
炎症がでやすい状態です。
日頃気になるところはなかった宇賀さんにも
歯茎の炎症を発見!

プレママと赤ちゃんに関する歯周病や
虫歯のリスクについて、
先生が分かりやすく教えてくれました。

1回目の診察はここで終了。
宇賀さんはむし歯などの治療が必要な歯はなかったので、
次の診察ではお口のお掃除をする説明を受けました。