このページの先頭です

マタニティ歯科相談なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > 特集・対談 > プレママのおくちのトラブルNo.1 妊娠性歯肉炎って何?

プレママのおくちのトラブルNo.1 「妊娠性歯肉炎って何?」

おくちのトラブルとして有名な「歯周病」。
妊婦さんが重度の歯周病になると、早産・低体重児出産の頻度が高まる可能性があります。「歯周病は若いうちは関係ない」と思っているあなた!妊婦さんがかかりやすい「妊娠性歯肉炎」という歯周病があるのです!
(くわしくはこちらの記事:実は重要!プレママの歯科受診
そこで今回は妊娠性歯肉炎について、
みんなで一緒にお勉強です!

久野彰子先生

今回お話をお伺いした先生

久野 彰子 先生
日本歯科大学附属病院 マタニティ歯科外来
「マタニティ歯科外来」は妊娠中の女性に積極的に歯科を受診してもらえるように、女性スタッフのみで構成された専門外来です。歯周病がご専門の久野先生に、妊娠性歯肉炎のこと、分かりやすくお話していただきました。
2014.05.20更新

「歯周病」ってよく耳にはするんですけれども、具体的にはどのようなものですか?

久野先生
「歯周病」というのは大きなくくりで、その中に「歯肉炎」と「歯周炎」があります。歯茎だけに炎症がある場合を「歯肉炎」、歯茎以外の部分にまで炎症が及んでくる場合を「歯周炎」といいます。歯周炎では歯と歯茎とのくっつき(付着)が壊れ、歯を支えている骨も減ってしまいます。ポケットのでき方も両者で異なります。
レポーター
歯と歯茎のくっつきは、壊れると元に戻らないのですか?
久野先生
歯周炎になって一度くっつきが壊れ、骨まで減ってくると元の状態には戻りにくいです。
それに比べると歯肉炎の場合は、歯茎の炎症がおさまれば元の状態に戻ります。

久野先生
比較的多いのは歯肉炎ですね。妊娠性歯肉炎ともいいます。
レポーター
どのような症状があるのでしょうか?
久野先生
一番分かりやすいのは歯茎からの出血です。
歯ブラシをあてたら血が出てきた、歯ブラシに血が付いた、口をゆすいだら血が混ざっていたなど、歯磨きのタイミングで気付きやすいですね。他には、歯茎が腫れぼったいとか、うずくような違和感があるといった症状がでることもあります。
レポーター
「歯茎から血がでた」というケースには、「血がドバッと出た!」っていう方もいたりするのですが…
久野先生
血と唾液が混ざったりすると、「多く出た!」と思うことがあるかもしれませんね。
歯と歯茎のくっついた部分が炎症でちょっと弱くなってくると、その下は血管の
ある結合組織なので、血が出てきやすくなります。
レポーター
確かに歯茎から血が出るときは、境目からじわーっと出ますね。歯肉炎になりやすい部位ってありますか?
久野先生
妊娠性歯肉炎に関しては、前歯の部分が多いですね。
歯と歯の間の歯茎って、健康なときはシュッとした三角形ですが、
歯肉炎になるとそれがちょっと丸みを帯びてくるとか、
その三角形が伸び上がった感じになるとか、見た目が変わってきます。

妊娠性歯肉炎になる原因って?どんな治療をするの?防げるの?