このページの先頭です

マタニティ歯科相談なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > 特集・対談 > おくち対談 妊婦先生に聞く マタニティ相談会レポート

おくち対談 妊婦先生に聞くマタニティ相談会レポート

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション歯科医師 久留島幸奈先生

妊娠6ヶ月マタニティ相談会参加者 ヨッシーさん

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション歯科衛生士 荒木さん

2015.04.08更新

今回のトピックスは、妊婦先生に聞くマタニティ相談会のレポートをお届けします。
参加して下さったのは、とっても元気で可愛らしい妊娠6か月のヨッシーさん。
妊娠9か月の久留島先生に二人のお子さんを持つ歯科衛生士荒木さんも加わって、マタニティ対談スタートです。

むし歯がないのに歯科医院好き

  • ヨッシー :
    私、むし歯がないんです。子供の頃にフッ素塗布したおかげだと思うんですが、両親に感謝しています。
  • 先生 :
    むし歯がないとは素晴らしい。歯科医院いらずだったわけですね。
  • ヨッシー :
    子供の頃は歯科医院に行くことはなかったですね。でも、大人になってから親知らずが痛くなって、
    抜くために行きました。歯のお掃除もしてもらったのですが、すごく気持ちが良かったので、
    それを機に通うようになりました。
    かなり血が出るのですが、良くなっている気がするし、みがいてもらった後はとても満足感があります。
  • 先生 :
    定期的に通われているのはとても良い習慣ですね。
  • ヨッシー :
    親知らずを抜いてからモノが挟まりやすくなったのですが、汚れが溜まって
    歯ぐきが腫れた感じがする時は、歯科医院に予約を入れます。
    歯ぐきが腫れた時は、口臭もするので、状態が良くないなって何となくわかるんです。
  • 先生 :
    妊娠されてからも行かれましたか?
  • ヨッシー :
    安定期に入るのを待って行きました。
    口臭がして歯ぐきが腫れた感じがあったので。
  • 先生 :
    妊娠すると、歯ぐきが腫れやすくなるんです。歯周病菌の中に女性ホルモンを好物にしている菌がいて、
    女性ホルモンの増加と共にどんどん増えるので、歯肉炎になりやすくなるのですね。
    免疫力も低下しますし、妊娠すると血管が広がり、血流も増えるので、炎症を起こした歯ぐきからは、
    出血しやすくなります。私も妊娠してからは、出血しやすくなりました。
    妊娠前と同じケアをしているのに、血が止まりにくいことがあって、歯医者なのに、
    おろおろしてしまいました。
  • ヨッシー :
    どうすればいいのですか?
  • 先生 :
    炎症の原因となる歯垢を減らすように努力してください。
    炎症を起こしている部分から血が出ることがありますが、出してしまって大丈夫です。
    セルフケアと共に、歯科医院でしっかり歯のお掃除をしてもらうことも大切です。
    ヨッシーさんはきちんと歯科医院に行かれているので安心ですね。
    妊娠してから歯科医院に行かれていかがでしたか?
  • ヨッシー :
    お腹が張っていたので、つらく感じました。
  • 先生 :
    そういう時は、右の骨盤の下にクッションかタオルを入れてもらうといいですよ。
    子宮で血管が圧迫されて血流が悪くなるのを防いでくれます。
    ご自身の体調が悪くなったり、赤ちゃんが酸素不足になっては困りますからね。
    妊婦さんに慣れていない歯科医師もいますから、椅子をあまり倒さないでもらうとか、
    長時間の施術は避けてもらうとか、妊婦さんの側から歯科医師に伝えるようにするといいですね。
    私は歯科治療や美容院にはクッション持参で行きますよ。
  • ヨッシー :
    なるほど。私も次はタオル持参で行くようにします。