このページの先頭です

おくちの辞典

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > おくちの辞典 > マタニティ編:その他 > 妊娠していても歯科での治療はできますか?

おくちの辞典

マタニティ編 その他 Q&A

2016年11月29日

妊娠していても歯科での治療はできますか?

服薬の規制はありますが、基本的に妊娠中でも治療は受けられます。
安定期であれば安心して通常の歯科治療を受けられます。


妊娠初期は催奇形性などの危険性がありますので、応急処置のみとなります。妊娠中期は安定期なので、抜歯なども含めた歯科治療を問題無く通常通り受けられます。
歯科用のレントゲン撮影や麻酔薬による母体や胎児への影響もほとんどありませんし、痛みを我慢するストレスの方が体に悪影響を及ぼすので治療を受けましょう。また、虫歯や歯周病を放置しておくと、母体だけではなく胎児にも影響を及ぼす可能性があります。
妊娠後期ではお腹が大きくなり、歯科ユニットに座っていることも辛くなりますので、体調に応じての歯科治療となります。妊娠中は服薬の規制もあります。産科医とも相談して歯科治療を受けるようにしましょう。

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来 児玉実穂 先生

同じカテゴリの相談を見る

おくちの辞典

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペンなど特典がいっぱいです。

新規メンバー登録する