このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 歯の健康を考えよう。自宅で実践しているみんなのセルフケア

歯の健康を考えよう。自宅で実践しているみんなのセルフケア

お気に入りに追加

ピックアップ 2015年08月27日

毎日のお口のお手入れどうされていますか?むし歯や歯周病の予防には日頃からのお手入れが不可欠です。
つい自己流になってしまいがちな“セルフケア”ですが方法もグッズも様々です。今回は皆さんが実践されている“セルフケア”をご紹介します。

基本は丁寧なブラッシング

・「歯の裏側の歯間を徹底的にブラッシング、歯周ポケットは時間かけて丁寧にブラッシングしています。」(58歳男性)

・「毎日朝の歯磨き時間は40分以上、上下、裏表、奥歯の噛み合せ部分を丁寧にケアすれば必然とこのぐらいの時間になります。」(58歳男性)

・「食べ物をよく噛んで食べるようにし、食後早めの歯磨きをするように心掛けています。」(28歳女性)

・「1日3回、食後の歯磨きはもちろん、薬用液体歯磨きも併用しています。」(61歳男性)

やはり圧倒的に多かったケアは”丁寧なブラッシング”でした。ブラッシングと言っても、なんとなくみがくのではなくみがくポイントをきちんと押さえたブラッシングが重要になってきますよね。毎日の事でついみがき癖がついてしまいがちです。定期的にクリニックでみがき方をチェックされてはいかがでしょうか。

デンタルフロスや歯間ブラシはもはや常識

・「柔らかめの歯ブラシでブラッシング、デンタルフロスや歯間ブラシを使用して口腔内の清潔を保っています。」(45歳女性)

・「歯磨きの他にジェットウォッシャーでもお手入れしています。」(52歳女性)

・「柔らかめの歯ブラシでブラッシング後、塗るタイプの歯槽膿漏薬を塗りこんでいます。」(49歳女性)

・「歯肉の為に美容も兼ねてアミノ酸などを積極的にとり、カルシウムが減らないよう気をつけている。」(27歳女性)

ブラッシング後にデンタルフロスや歯間ブラシを使用されている方も多くいらっしゃいました。歯と歯の間の歯垢(プラーク)や食べかすは十分に取り除く事が難しいです。是非ブラッシングと併用してお口の清潔を保ちたいですね。

その他にも様々なケア方法が!

ブラッシングの他にも皆さんが実践されているケア方法や愛用しているケアグッズがまだまだありますのでご紹介します。参考に取り入れてみてはいかがでしょうか。

・マウスウォッシュ
・デンタルリンス
・柔らかい歯ブラシ
・塗るタイプの歯槽膿漏薬
・デンタルフロス
・歯間ブラシ
・タフトブラシ
・電動歯ブラシでマッサージモード
・指でマッサージ

ケア商品にも沢山の種類があって迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。自分の症状に合った商品を上手く取り入れる事もお口のケアでは大切です。そんな時は1度クリニックや専門店でご相談してみてはいかがでしょうか。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー

ORALcom 新規メンバー募集

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペーンなど特典がいっぱいです。

新規会員登録する