このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 奥歯に歯ブラシが届かない。実はみんな悩んでいる奥歯の悩み

奥歯に歯ブラシが届かない。実はみんな悩んでいる奥歯の悩み

お気に入りに追加

ピックアップ 2015年08月27日

毎日の生活に欠かせない大切な奥歯。 ケアが必要なスポットにも関わらずみがきにくく疎かになりがちです。
今回はアンケートから明らかになった奥歯に関する皆さんのお悩みを紹介します。

歯ブラシ選びがポイント

・「奥歯磨きが大変なので歯ブラシ購入後すぐにブラシ部分を半分くらいにカッターでカットして奥歯まで届くようにしています。」(55歳女性)

・「歯医者さんに奥歯の裏側に汚れがたまっていますと言われた事があり奥歯に届きやすいブラシ選びをしています。」(36歳女性)

・「奥歯の奥までしっかり磨きたいのでコンパクトヘッドというのも歯ブラシ選びの重要なポイントです。」(36歳女性)

・「子供の頃からこまめな歯みがきはもちろんですが、奥歯の端の磨きにくい所まで丁寧に磨く習慣をつけておけばよかったです。」(29歳女性)

みがきにくい奥歯ですが、皆さん自分の口に合ったもので頑張ってみがいているようです。しかし、歯ブラシが奥歯に届いていなければ、いくらみがいても意味はありません。本当にみがけているか不安な方は、プロにチェックしてもらうことをオススメします。

奥歯が”ズキンッ”はトラブルのサインかも?

・「固い物を噛むと奥歯に痛みがあったり、顎関節症もありそうで以前より奥歯磨きがしにくく難しく感じています。」(44歳女性)

・「特に目に見えたトラブルがあるわけではないけれど、奥歯が痛んだり、染みたりする箇所があります。」(27歳女性)

・「奥歯の違和感が出はじめましたが、子供の世話でなかなか歯科に行けなかったらだんだん痛みに変わり、先週歯科に行ったら奥歯が歯茎の中で折れていて抜歯することになり怖くなってきました。」(37歳女性)

奥歯がズキズキしたりウズウズしてきたら何かしらのサインかも。違和感を感じたら早めにクリニックへ行って下さいね。

奥歯1本の大切さが分かります

・「一番奥の歯が虫歯で抜かなければならなくなり、インプラントかブリッジか義歯といわれて悩んでいます。」(40歳女性)

・「右下の奥歯がないので、どうしても奥から2番目の歯に負担がかかります。力を入れるときなど、食いしばっている時2番目の歯に痛みを感じています。」(48歳女性)

・「起きている時は意識して食いしばらないようにしていますが、睡眠中はコントロールできないので、目覚めた時に奥歯に違和感を感じます。」(54歳女性)

奥歯が1本でも無くなると、かみ合わせのバランスが狂って、体の健康にも影響が出かねません。そうならない為にも、丁寧な奥歯ケアを心掛けましょう。

実は多くの方が悩んでいる“奥歯の食いしばり”

アンケートからよく歯を食いしばってしまいがちなシーンをまとめてみました。皆さんも無意識のうちに食いしばっていませんか?

よく歯を食いしばってしまうシーン

・満員電車
・重い物を持ち上げる時
・仕事中
・寒い時
・料理中
・痛い時
・スポーツ中
・就寝中
・パソコン中
・緊張している時

集中している時やストレスがかかってしまう時が多いようですね。対策として多くの人はマウスピースをしたりガムを噛んだりしているようです。

なかには 「古株の女性社員のいじめに耐えながら仕事をしている時は、気づけば歯を食いしばっていました。」(55歳女性)なんていう方も・・。ストレスが多そうで、何ともお気の毒です。

いかがでしたか?

奥歯や親不知は、前歯と違って自分では見えにくくついつい放置しがちです。気づかぬうちに悪化していたなんてことにならないように、クリニックでの定期検診を心がけたいですね。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー