このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 「自分の笑顔が嫌い!?」自分の歯と口の好きな理由、嫌いな理由

「自分の笑顔が嫌い!?」自分の歯と口の好きな理由、嫌いな理由

ピックアップ 2015年12月21日

人前で思いきり笑顔になれますか?

「自分の歯と口の好きな理由、嫌いな理由」のアンケート結果から、多くの方が自分の笑顔が嫌いでコンプレックスを持っていることがわかりました。皆さんは自分の口元好きですか?

自分の歯と口の好きな所

【虫歯がない】
・「見た目の歯並びはきれいではないですが、この年でも虫歯がないのが自慢です。」(37歳 女性)
・「歯並びも良くて虫歯になった記憶がありません。小学校の頃に、良い歯の児童に選ばれました。唯一身体で自慢できるのは、歯です。」(28歳 女性)

【綺麗な歯】
・「歯医者に歯の質は決して良くないと言われたので注意して歯磨きしているうちに自分の歯が好きになってきました。」(32歳 女性)
・「歯科を色々探して変えたら、すごくメンテナンスも良く、ドクターやスタッフも感じよく悪い所を全て治しました。歯はすごく気になるので今では歯科に行ったら「すごく良く磨かれていて口元が綺麗です」と褒められて自信が持てるようになりました。」(53歳 女性)

【歯並び】
・「ある程度綺麗に揃った歯並びです。こればかりは自分ではどうしようも出来ませんが、恵まれていると思います。スマイルラインが綺麗とドクターより褒められています。」(30歳 女性)
・「元々、歯並びが悪かったのですが小学生の時母の勧めで歯列矯正をしました。そのおかげで歯も綺麗に並び、見た目がよくなって歯並びに関しては気に入っております。」(24歳 女性)

元々綺麗な歯並びや歯をお持ちの方は羨ましい限りですね。反面、毎日の丁寧なケアや地道な治療をした努力の末、素敵な口元を手に入れた方も多く意識の高さが伺えました。美を手に入れるのはやはり簡単ではありませんね。

自分の歯と口の嫌いな所

【歯の着色】
・「着色しやすい飲み物、食べ物は避けて、たとえ飲んだり食べたりしてもすぐ歯磨きするよう心掛けております。煙草も吸ったこともなく歯磨きも自分なりにきちんとしているつもりですが、歯の色がくすんでおり、コンプレックスです。」(24歳 女性)
・「小さい頃からコーヒーが大好きで色素沈着の原因と思うのですが、日本ではアメリカほど歯の色に関しての知識が昔は少なかったので、今になってすごく後悔しています。ホワイトニング等も試しましたが一時的で長持ちしません。」(46歳 女性)
・「歯が黄色いのが、とてもコンプレックスです。笑うときは口に手をあててしまいます。」(18歳 女性)

【歯並び】
・「小さい頃から歯並びも悪く噛み合わせも良くないので虫歯になりやすいのかなと思っています。そのため、自分の歯に自信がないので写真を撮るときは口を閉じたりしています。なんとか改善したいです。」(20歳 女性)
・「歯並びが悪く、小さい頃から歯周病と言われていたのでコンプレックスがあります。10年ぶりに親戚のおじさんに会ったとき「顔がわからんけど、この歯並びは間違えないな・・」と言われました。」(40歳 女性)
・「歯並びが悪く、虫歯も多かったのでしょっちゅう歯医者さんへ通っていました。現在は抜きましたが八重歯もありました。自分の歯と口は決して好きにはなれません。」(50歳 女性)

【折れた歯】
・「小さい時に、前歯を怪我して折って、差し歯になったので、人前で思いきり笑うのが苦手で少し遠慮がちにしてしまいます。」(32歳 女性)
・「子供の頃、前歯を折って以来、差し歯や入れ歯をしているため、歯と歯茎の色合いが黒ずんで見える。歯茎にも負担がかかり、色合いが悪い。」(42歳 女性)

【小さい歯、口】
・「昔からおちょぼ口と言われるほど小さいので、歌手の吉田美和さんみたいな大きな口に憧れる。歯医者に行って先生に「口開けて」と言われて精一杯開けているのに毎回「もっと開けて」と言われるほどです。」(28歳 女性)
・「口が小さいので口が大きい人に憧れます。歯並びは良いのですが、歯が小さくて笑うと歯茎が見えるのが気になります。」(28歳 女性)

いかがでしたか?

好きな所に比べて嫌いな所の方が圧倒的に多い結果となりました。他にも「口臭」「銀歯」「出っ歯」など嫌いな理由は後を尽きません。悩んでいる多くの方は小さい頃から歯と口にコンプレックスを持ち、気にしながら生活されてきたようです。そして自分の笑顔に自信を持てずにいるということがアンケート結果からわかりました。解決策を見つけるためにも、一度思い切って歯科医にご相談されてみてもいいかもしれませんね。

簡単そうに見えて「笑顔」に自信を持つことは案外難しいのかもしれませんね。輝く笑顔を手に入れるためにも自分の口元を良く知ってケアしていきましょう。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー