このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 悩ましき口臭、主な原因は4つです。

悩ましき口臭、主な原因は4つです。

ピックアップ 2017年03月03日

口が臭いと思っても人にはなかなか指摘できないですよね。自分では気をつけていても臭くないか心配。不快な思いをしない、させないために、口臭について正しく知りましょう。

みんなの予防法

「好きな食べものが匂いが強いので、それらの品目を食べる時は、食べた後&翌日に大事な要件がない日、外出予定がない、人に会わないとう日に食べるようにしています。でも、娘も1歳になり外出しない日なんてほぼゼロです(お散歩や児童館に行ったりで)。どうしても食べてしまった時は、ガムを噛んだり、マスクをしたりして過ごしています。 また、年齢とともに起床時の口臭がとても気になります。まだ主人にも指摘はされていませんが、まず起床したら真っ先にうがいをしています・・・」(36歳・女性)

「唾液が少ないと口臭のもとになると聞き、ガムを噛んだり飴を舐めるようになりました。 また、水分の摂り方も重要なようで、喉が渇いた時だけでなく、時間配分をしながら定期的に飲むようにしています。 緑茶のフラボノイドに期待するところも大きいです。」(40歳・女性)

「人と接する昼間は、ランチに臭いが残る食べ物は摂らない様にしています、普段、自宅で夕食の時だけは気にしないで何でもたべますが、夜の会食などはアルコールとニンニクの入ったものは、翌日気になるので、遅い時間は食べない様にしています。 お口の手入れとしては、歯磨きはもちろん、デンタルリンスをします、また外出時など、歯磨き出来ない場合があるので、シートやタブレットタイプの口臭予防のものをバッグに入れて持ち歩いています。」(48歳・女性)

「水分補給はただの水で行う。 寝る前と起きた直後は必ず歯みがきをする。 鼻呼吸の習慣を身につける。 歯みがきは小さなブラシで、奥歯を大げさなくらいみがく。 空腹になるのをできるだけ避ける。」(40歳・男性)

口臭の原因になるのは?

口臭は、生理的口臭、病的口臭、外因性口臭、心因性口臭の4つに分けられます。
生理的口臭とは、寝起きや空腹時、ストレスなどの生理的な理由や加齢によって発生するもの、病的口臭とは、口の中や体の病気に由来するもの、ニンニクやネギなどニオイが強い食品を食べたり、喫煙したときに発生するのが外因性口臭。そして、本人は口臭があると思い込んでいるけど、実際には認められないのが心因性口臭です。

生理的口臭や病的口臭の発生原因は、その約8割以上が口の中にあるといわれています。口の中の食べかす、はがれた粘膜などのタンパク質を細菌が分解することで口臭が発生します。これらを予防するためには、口の中の汚れや細菌を少なくすることが大切。歯みがきで口の中を清潔に保つようにしましょう。

いかがでしょうか。

口が臭いと思われると、相手に嫌な印象を与えてしまいます。しかも、自分が気づかない場合もあるので、注意が必要です。病気が隠れていることもありますので、定期的に歯科医院でチェックしてもらうのもオススメですよ。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2017年
2016年
2015年
バックナンバー

ORALcom 新規メンバー募集

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペーンなど特典がいっぱいです。

新規会員登録する