このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 年代別!お口のトラブル。先々の用心で予防しましょう。

年代別!お口のトラブル。先々の用心で予防しましょう。

お気に入りに追加

ピックアップ 2017年07月24日

オーラルコムの読者の皆様にお口のトラブルについて質問し、年代別で症状をまとめてみました。先々の用心で、未然にトラブルを回避しましょう。

◯20代によくあるトラブル

「歯みがきの際に、必ず出血してしまうトラブルがあります。特に前歯と奥歯が出血しやすいため、その部分は優しく磨くように気をつけています。」(28歳・女性)

「歯を磨くと必ず歯茎から血が出ます。歯ブラシが硬めなのが問題なのかもしれません。」(24歳・女性)

歯みがき時に出血が見られるという声が多くありました。出血することで、トラブルを自覚される方が多いようです。

◯30代によくあるトラブル

「20代前半の頃より、歯ぐきの退縮により歯の根元の象牙質が露出して冷たいものがしみることがあります。特に、4~7番の歯です。歯科医師に相談すると、恐らく噛み合わせが原因ではないかとのことでした。確かに、私、就寝中に歯ぎしりをするらしいのです。なので、今はマウスピースを装着して寝ています。4か月に一度定期健診に行きます。その際、しみる個所にお薬を塗ってもらっています。気休めかもしれませんが、2か月くらいはしみるのを感じません。また、最近は下前歯の歯ぐきの隙間も気になってきました・・・」(35歳・女性)

「強く磨きすぎたり、年齢とともに痩せて歯の見える面積が広がってきたように思います。そのため、歯がしみたり、食べ物のカスが取りにくく虫歯によくなってしまうようになり悩んでいます。」(33歳・女性)

30代になると、歯ぐきのトラブルがだんだん気になり始めるようです。

◯40代によくあるトラブル

「歳だから仕方のないことかなと思ってます。食べると歯と歯の間に物が詰まりそのまま時間がたつとすぐに歯茎が痛みます。最近ではシカンブラシが必要です。」(49歳・女性)

「歯茎が下がっていることと、すぐに知覚過敏になってしまうことと、歯と歯の間が開いているからか、すぐにものがはさまってしまいます。」(40歳・女性)

40代では、歯と歯の間にものがはさまると訴える方が増えてきます。

◯50代によくあるトラブル

「ここ1年程、歯磨きの時に歯茎から血が出るようになった。原因としては、休みの日にずっと家に居て、歯磨きをしないことがあるせいだと思われます。歯医者さんには定期的に通っていて、歯周病の心配していると話したたら「今は、レベル3(MAX10)だから、そんなに心配することはない」と言われました。」(55歳・女性)

「歯科に通院し、歯のケアもきちんとしているにもかかわらず、なかなか歯周病が改善しない歯をなくすことへの、不安がある」(56歳・女性)

「虫歯。歯茎が下がっていて根元に歯垢がびっしりついて、歯磨きしても全然取れない。爪でとっている状態。歯の表面もべっとり歯垢がついて、なかなか取れない。フロスも使っているが、フロスには歯垢が全くつかない。取れていないということと思う。(歯科医で歯石はとってもらっています)」(50歳・女性)

歯周病のお悩みが目立つようになります。自宅のセルフケアだけでは、なかなか思ったような効果が得られないからでしょうか。歯科医院に通院しているという方が増えてきます。

◯60代以降によくあるトラブル

「もう、モグラ叩きの如く、あっちこっち歯茎が腫れます。 其の度に、歯科医院に直行で、衛生士の方に丁寧に歯茎の中の清掃をしてもらってますが、歯周ポケットが深くなかなか良くなりません。 過去に2度、歯茎切開による根治を目指しましたが、睡眠不足や疲労があるとたちまちです。」(62歳・男性)

「1週間前に左奥歯の歯茎に嚢胞があり、全身麻酔で抜歯と嚢胞切除の手術をしました。3日間の入院で済みましたが、今後口内のケアには万全を期したいです。ドラッグストアではデンタルケアのコーナーでいつも商品選択に悩みます。」(60歳・男性)

「肩こりが酷くなると歯が浮く感じで痛みます。歯槽膿漏からの痛みかもしれないので、歯磨きの際には歯茎をマッサージするように磨くと良くなります。」(65歳・女性)

60代では、手術の経験をされている方もいらっしゃいました。他にも、体の不調時に歯が痛くなるなど、歯のトラブルだけではなく、体と連動して症状が出るとの声も多数よせられています。

いかがだったでしょうか。

年代別に歯のトラブルを見ていくと、徐々に深刻になっていくのがわかりますね。自分の年代と照らし合わせた時のあなたの症状はいかがでしょうか。何事も早め早めの治療、検診が大切です。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー

ORALcom 新規メンバー募集

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペーンなど特典がいっぱいです。

新規会員登録する