このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 年代別!歯とお口の恥ずかしい体験談

年代別!歯とお口の恥ずかしい体験談

ピックアップ 2017年09月27日

歯みがきを怠ったりするとなんとなく人前で気になって話しに集中できない!そんな経験はありませんか?年齢とともに歯のトラブルも様々。そんなちょっと恥ずかしい体験をまとめてみました。

◯10代・20代

「眠く、面倒くさくて歯を磨かずに寝てしまった事が多々あります...やはり、朝起きた時のにおい、物凄いです。あとは、甘い物を食べた後に歯を磨かなかったので、虫歯が出来てしまい、周りの人に口臭、虫歯、歯の色で引かれたらどうしよう!!なんて不安と恥ずかしさで、人前で上手く笑えなくなっちゃいました(;_;)」(16歳・女性)

「産後ダイエットを開始し、食事制限を主として始めたのですが、イライラ回避の為コーヒーを1日5杯以上飲むようになり‥。そして久しぶりに化粧をし、久しぶりの外出でウキウキでいたら、いきなり主人から‥「歯黄ばんでるよ」と‥。あれから思いっきり笑うのをためらってしまっています‥ヽ(;▽;)ノ」(26歳・女性)

「インフルエンザや体調不良が続き、歯磨きを怠って居た矢先に久しぶりに会った友人から「タバコ初めたの?」と聞かれ、明るい所で鏡を見ると真っ黄色になった歯が。。慌ててホワイトニング出来る歯医者を探しオフィスホワイトニングをしたのですが1回では余り白くならず知覚過敏や歯茎に炎症が起きる始末。歯を白くするどころかしばらく食事するだけでも痛くなりその姿を主人から笑われると言う無限地獄状態に。日頃から毎日歯磨きケアして居れば喫煙者と間違われたり主人に笑われる事もなかったととても後悔しました。」(22歳・女性)

◯30代

「おやつにみかんを食べた後歯磨きをせず買い物に行った際、ママ友と会い、立ち話をしました。帰宅後手洗いやうがいと合わせて歯を磨こうと鏡を見ましたところ…歯も舌も真っ黄色になっていてびっくり!と同時に、こんな口でママ友と近距離で話していたことを思い出し、穴が あったら入りたい恥ずかしさに襲われました。まさかみかんであんなにも着色するとは思っておらず、今思い返しても赤面ものです(〃ノωノ)」(30歳・女性)

「とても恥ずかしかったのですが、外国人の彼ができたとき、朝、おはようのチューをしたんです。そしたら、2度目から、普通のチューをしようと思ってもとても嫌がられて、どうしてだろうと思っていたら、彼が拙い日本語で、「ニオイが、、、」と言われてしまい、とっても恥ずかしくて、嫌な気分がしました。それ以来、彼とはチューはもちろん、話をするのも、会うのも嫌になり、疎遠になってしまいました。」(36歳・女性)

◯40代

「会社で昼食におにぎりを食べた後、時間がなかったので歯みがきをしなかったら、おにぎりの海苔が歯についたままでした。その後、来客があり、気がつかずに商談。後でトイレの鏡を見たら、歯に海苔が付いていて顔から火が出る思いでした。それ以来、昼食後と商談の前には必ず歯磨きをするようにしました。」(48歳・女性)

「20歳の頃から、歯肉炎があり、歯医者の先生に後10年後20年後には歯槽膿漏になりますから、磨き方に気をつけて磨く様にと言われ、半信半疑で、この歳(43)を迎えた今、歯は大切だと言う事にきがつきました。歯の土台が溶けてほとんど、スカスカと言われ、女性は、出産し、閉経を迎えた時にどれだけの歯を保ってるかで、老後に大きく差がつくと言われ、凄い自己嫌悪におちています。他の患者がいる隣りで、歯槽膿漏・歯槽膿漏と言われ続け、ショックでした。」(43歳・女性)

◯50代

「女性グループとの集まりのとき、ミニボトルを持参するのを忘れ、フランス料理を食べ終えた後、うがいができず、そのままおしゃべりすることに…。加齢のせいか食後は口臭がするようになり、おしゃべりしながら、自分の口臭に気づき、周りは何も言わなかったけれど、私は恥ずかしい思いをしました。」(53歳・女性)

「入院中、ベッドからうごけない状態で、食後の歯磨きが出来ないため自分でも口の中の粘つきと口臭が気になっていた頃、Drの回診が有り「喉の状態を見ますので、口を開けて下さい」と言われ口を開けた時、一瞬Drの顔が引きっつた時、顔が赤くなる程恥ずかしかったです。」(59歳・女性)

◯60代以上

「私には虫歯があります。ある日ハンバーガーを食べに行きました。ところが鶏の骨が混ざっていました。店員に伝え代わりの物をもらいました。家に帰って気がついたのですが、「骨」と思っていたのは自分の歯の欠片でした。その後、店で「歯」であると確認したのではないかと思い恥ずかしくて、もうその店には行っていません。」(71歳・男性)

「永年歯医者に行かず歯磨きも不十分だったが、転んで歯を欠いてしまった時歯医者に行って治療してもらった。ついでに歯の掃除をしてもらったら硬く黒い歯石がたくさん取れたので恥ずかしい思いをした。以後丁寧に歯磨きを行い定期的に検査してもらっている。おかげで8020の表彰を受けました。」(80歳・男性)

いかがだったでしょうか。

各年代で様々な悩みがありますね。ここには紹介できませんでしたが、過去に恥ずかしい体験をして、歯のケアに目覚めた人が多く見受けられました。少しの油断で印象まで変わってしまうので、きをつけたいですね。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー