このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 歯が劣化する!?美しい歯でいるための予防方法を大調査

歯が劣化する!?美しい歯でいるための予防方法を大調査

ピックアップ 2017年11月15日

歯の劣化を意識したことはあるでしょうか?皆さんからは、むし歯がなりやすい、歯ぐきがはれやすくなった、などが思い当たるとの声が寄せられました。。そんな劣化を防ぐためにみなさんが行っている予防方法をご紹介します。

◯歯が劣化したと思うことは?

「食べ物が歯間に詰まる時です。歯が痩せて歯間が広くなるからこそ食べ物が歯間に詰まると思いますので、詰まり易くなってきたことに不安を覚えます。子供の頃は詰まることがほとんどなく、なぜ大人は食後に楊枝を使うのだろう?と疑問に思っておりましたが、今となっては楊枝を使いたくなる気持ちがよく分かります。」(30代・女性)

「歯茎が腫れたり、痩せ細ってたりと歯茎のトラブルが多くなってきた時によく思います。あとは、顎の力が強いので、上の歯で下の歯を傷付けてしまい、ヒビが入ってきたりと、劣化を感じます。」(35歳・女性)

「若いころは単なる虫歯といわれるものでしたが、年齢を重ねる毎にトラブルを感じて歯医者に行くと、虫歯以外に歯ぐきの病気だったり、簡単な治療では済まないことが多くなり費用もかさみいろいろなことで悩みもおおくなったきます。」(73歳・女性)

◯美しい歯のためのみんなの予防法1<きっちり歯みがき>

「飲食した後は速やかに歯磨きをしたりうがいをしたりして、なるべく着色汚れがつかないよう気を遣っております。外食時などすぐに歯磨きができない場合は、歯磨きガムを噛みます。加えて、ホワイトニング効果のある歯磨き剤を愛用しております。2千円台と少し高価なのがネックですが、その分毎回丁寧に歯磨きするようになりました。歯磨き剤=化粧品と考えております。」(30歳・女性)

「美白効果の期待できる歯磨きで丁寧に歯磨きしている。また歯間ブラシ、ワンタフトブラシを使用して磨き残しがないようにケアしたり電動歯ブラシを使用するなど歯の手入れにはまあまあ時間をかけている。」(49歳・女性)

「・歯ブラシをこまめに変える・夜は奥歯用の小さい歯ブラシも使って磨く・磨き方を、下記3段階に分けて磨く ・縦磨き ・歯ぐき用横磨き ・歯、歯ぐき、歯と歯茎のつなぎ目のための横磨き・夜は歯間ブラシも使う」(64歳・女性)

◯美しい歯のためのみんなの予防法2<こまめに定期検診>

「虫歯や歯周病にならないように、毎日のケアをしっかりと行い(専用の歯みがき粉やマウスウォッシュ)、歯の定期検診を2~3ヶ月毎に必ず行うようにしています。」(36歳・女性)

「半年に1回、歯石取りをしに歯医者さんへ行って、悪い歯があればきちんと治療してもらうことです。ブラッシングと糸フロスのケアをしていることです。」(41歳・女性)

◯美しい歯のためのみんなの予防法3<歯科グッズをフル活用>

「歯ブラシの他に舌ブラシ、フロスや歯間ブラシ、ワンタフトなどを使って部位によって道具を使い分けたり、リステリン等で洗浄液も毎日使うようにしています。」(45歳・女性)

「毎食後歯磨きすることは、当然ですが、歯間ブラシ、デンタルフロス、奥歯用のハブラシも使い、歯垢が残らないよう気を付けています。」(39歳・女性)

「マメに歯磨きをしています歯磨きに使う歯磨き粉・歯ブラシ・歯間ブラシ・マウスウォッシュにこだわって使っています」(41歳・女性)

いかがだったでしょうか。

美しい歯でいるためにみなさん努力をされている方が多くいらっしゃいます。スキンケアと同じぐらいオーラルケアも気をつけているという声もありました。普段の心がけでいつまでも美しい歯を保っていたいですね。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2017年
2016年
2015年
バックナンバー

ORALcom 新規メンバー募集

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペーンなど特典がいっぱいです。

新規会員登録する