このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 歯に関する人生最大の出来事まとめました part2

歯に関する人生最大の出来事まとめました part2

お気に入りに追加

ピックアップ 2018年06月28日

歯のトラブルは、突然にやってきます。Oralcom5周年記念に皆さんから多くのエピソードが寄せらましたので、それを2回に渡って、お届けします。

○歯の健康は、1日にしてならず。

「正しい歯磨きと毎日のケアが、子供の頃より出来ていないツケとして、30代の時に「フラップ手術(※歯周病治療)」を受けた事。

永久歯になってからの被せ物が全て不適合を起こしていた為、前歯も含めて、全ての歯を「差し歯」・「クラウンでの被せ物」にし直す治療を受けざるを得なかった事。

その結果、噛めるようになったけれど、本来の自分の永久歯の姿は、2度と見る事が出来なくなった悲しさを味わった事。

幼少の頃より、歯磨きの習慣と正しい歯磨き方法(歯茎の後退を防ぐ)とメンテナンスのグッズ利用を積極的に行えていれば、自分の本来の歯を失う事も無く、不必要な治療費は、他の事に有用に使えたのに、自らの知識不足により自業自得となった事。

自分の歯と差し歯では、食事の味が異なる事、歯の表面の僅かな違和感(口紅汚れ・食べかす)を感知できず、外食の時や会食の時に恥ずかしい思いをする事が増えた事。」(45歳・女性)

○せっかく矯正したのに・・・

「もともと口の大きさに対して前歯が大きめと医師から指摘されており、成長するごとに歯並びが悪くなっていきました。

小さい頃は気になりませんでしたが、20代になると流石に気になりだし、歯の矯正を受けました。見た目だけではなく、歯と歯の間の隙間に食べかすがすごく詰まるからです。

2年近くかけて頑張ったお陰でかなり歯並びも良くなりやって良かったと満足しておりました。ところが、数年経つと再びガタガタに戻り始めたのです!

医師に相談すると固定するマウスピースを毎晩使用して固定させなかったのが原因とのことでした。その時はマウスピースを息苦しいという理由で使用しなかった自分に反省したものです。

それから10年近く経った今も戻った歯並びのせいで、歯間ブラシが欠かせません。綺麗な歯をしている方を拝見すると羨ましいなと思うこともあります。

しかし、マウスピースの例にもあるように毎日の努力の積み重ねが綺麗な歯を維持する一番の秘訣だと実感できた出来事でもあります。綺麗な歯並びは無理でも虫歯のない、少しでも白い綺麗な歯を目指して歯みがきを頑張ろう!と精進している現在です。」(40歳・女性)

○20年前以上の出来事が今に。

「20歳ころに左右の上の奥歯、各1本を失いました。

早い話、虫歯が進行していたのですが。30年前のことです。医師に言われるまま抜歯しました。今の医療では恐らく抜歯せずに済む手段がたくさんあると思われる状況です。たまたま、良くない歯科医師に当たってしまいました。まだ自分も未熟で知識がない年齢でしたが、今でも後悔しています。

ブリッジの寿命は20年と言われていますが、46歳の時に右側のブリッジが外れ、同時に支えていた左右の歯も抜けてしまいました。奥歯の歯が3本ない状態です。駈け込んだ歯科では、歯のなくなった後、インプラントか入れ歯にすることになるが、その場合矯正をしないと難しいという話でした。悩みに悩み2年ほど結論が出ませんでした。

その間、食べ物を満足に噛むことができず、体調とストレスで苦しみました。今は、通院している歯科を替え、インプラントの工事の最中です。歯茎の奥の骨に釘を埋め込んでいる段階で、まだ、未完成です。後悔は先に立ちません。子どものうちから正しい日常のお手入れをする習慣をお勧めします。」(49歳・女性)

○高価なインプラントでしか治療できず・・・

「昨年、インプラントで前歯を治療しました。

幼稚園の時に椅子取りゲームの最中に、座っていた椅子をひっくり返されて顔面を打ち、前歯1本を折りました。その時から差し歯で過ごしていました。

数年前頃から差し歯が外れることがありましたが、歯医者に行って取り付けてもらって対応してました。昨年、職務中に突然差し歯が外れ、今まで同様に歯医者に行って取り付けてもらう予定でした。ところが、診察した結果、差し歯の土台にヒビが入ってしまい、取り付けても直ぐに外れてしまうのでこのままでは出来ないと伝えられました。

そこで、代替案としていくつか伝えられましたが、前歯で目立つということや周囲の歯に負担をかけないということで、最終的にインプラントを選ぶことになりました。

が、やはり値段が値段であり決断に勇気がいりました。インプラントに興味はありましたが、そんな高価な歯は無縁とずっと思っていましたので驚きでした。治療を決める時からどうやって支払えるかをずっと頭から離れなかったことを覚えています。今もまだ完済してません・・・」(50歳・男性)

いかがだったでしょうか。

歯に関する人生最大の出来事を募集したところ、非常に多くのエピソードが集まりました。10年以上前の出来事が、年月を経て影響が出てきたエピソードをまとめてみました。どの方も、後悔先に立たずということを伝えてくれています。歯を守るためにも、今のケアが大切ですね。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー

ORALcom 新規メンバー募集

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペーンなど特典がいっぱいです。

新規会員登録する