このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 歯磨きチェック!磨き残しのチェック方法をまとめました。

歯磨きチェック!磨き残しのチェック方法をまとめました。

お気に入りに追加

ピックアップ 2018年07月27日

磨き残しは、むし歯などの口腔内トラブルの大きな要因となります。みなさん、それぞれ磨き残しをチェックする工夫をしているので、まとめてみました。

◯染め出しでチェック

「いつも通りに、磨く順番を守りながら、最後に前歯表面の上下をブラッシングして、終わります。4カ月に1回、歯科定期検診に行き、歯を赤く染めて磨き残しがないかチェックしますが、毎回、歯医者さんから『磨き残しが無く、きれいに磨けていますね』と褒められます。」(53歳・女性)

「手に息を吹いてにおいを嗅いだり、鏡でチェックします。また、時間のある時は、歯科専用の染め出し液を使用します。」(41歳・女性)

「薬局で、小学校の時に歯科検診でやったような赤い試験液を買ってきて、歯に塗る。それで磨けていないところに気が付いて、綺麗になるまで磨くようにしている。一年に一回はやるようにしている。」(34歳・女性)

◯歯の表面を舌でチェック

「歯の表面を舌で触ってみてツルツル滑らかになっていることを確認。歯みがき粉で磨き、洗口液で30回ブクブク。歯間が気になるときは、歯間ブラシ(ゴム)を使用して、3か月ごとに歯医者さんに行ってチェックをしていただきオーケイいただいているので多分大丈夫と思っている。」(69歳・女性)

「今は特に判断する方法はありませんが、口を濯いだ後、舌で歯の表面がツルツルしているか、歯間に水が通りやすいか・・位しかありません。」(61歳・男性)

「歯の表面、歯と歯茎の間、ともに舌で触って確かめています。すきっとしていればまあきれいに磨けている、プラークがついているような触感があればまだ足りない。慌てて歯ブラシで再度磨きます。」(71歳・女性)

◯歯医者さんでチェック

「定期的に歯医者に行き口腔内チェック。歯の重なっている部分や歯ぐきの境目が磨き残しがちです。歯間ブラシも使用しているので歯石もあまりなくよく磨けている。との評価です。」(59歳・女性)

「定期的に歯医者さんに通っている。歯磨き指導や受診時にクリーニングをしてもらっているのでよく磨けているか確認してもらっている。」(37歳・男性)

「いつものことですが、鏡を見ながら磨いています。時間もかけて丁寧に磨きます。定期的に歯医者で見てもらってます。」(24歳・女性)

◯歯医者さんで歯磨き指導

「自分では判断できないので、歯科検診の際に歯垢が付いていないかをチェックして歯ブラシの当て方を指導してもらうようにしています」(53歳・女性)

「定期的に歯医者さんに通っている。歯磨き指導や受診時にクリーニングをしてもらっているのでよく磨けているか確認してもらっている。」(37歳・女性)

◯歯間ブラシやフロスでチェック

「歯ブラシ、フロス、歯間ブラシを使った後、うがいをしてカスが出てこなければ終了です。寝起きの口の状態で最終的には確認しています。」(33歳・女性)

「フロスや歯間ブラシで仕上げた時に歯垢がつかなく、舌でさわったときにざらざらしなければちゃんと綺麗に磨けてると思います。」(37歳・女性)

いかがだったでしょうか。

日々、歯磨きをしている中で、それがきちんと出来ているかをチェックする習慣はとても大切です。今回のエピソードを参考にして、毎日の習慣に取り入れてみてください。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー

ORALcom 新規メンバー募集

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペーンなど特典がいっぱいです。

新規会員登録する