このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 夏は輝く白い歯に!歯を白く保つケアや工夫をまとめました。

夏は輝く白い歯に!歯を白く保つケアや工夫をまとめました。

お気に入りに追加

ピックアップ 2018年07月27日

夏の太陽の下で白い歯が輝くときれいですよね。歯を白く保つためのケアや工夫をまとめてみました。

○歯磨きで毎回チェック

「表面の白さだけではなく、歯の裏側も白くなっているかどうか、磨いた後に爽快感があるかどうかで判断します。どうしても歯の表面だけを見てきれいだと判断してしまいがちなため、裏側もしっかりと確認するように気を付けています。」(30歳・女性)

○かかりつけの歯医者でチェック

「かかりつけの歯医者さんで、気になる歯周病以外にもクリーニングやホワイトニングに関しても適切なアドバイスをいただけるため、とても助かっています。」(29歳・女性)

「定期的な検診やホワイトニングで通っているのですが、気心が知れていて安心出来ますし、急に何かお口のトラブルがあった際も、すぐに予約の都合がつくところがよいです。」(68歳・女性)

○染め出しで歯垢をチェック

「歯の治療をしてからもうこれ以上は痛い思いをしたくなかったのと、仕事が営業職であることから常々、口臭や歯の黄ばみが気になっていました。秘訣は、3日に一度はプラークチェッカーで、歯垢を染めてみることです。とにかく、常に綺麗になっているかを意識すれば、やらずにはいられなくなります。」(48歳・男性)

○定期的なクリーニングを受診

「歯ブラシの毛先が上手く行き届かず、磨きにくい箇所が奥歯にあります。気を付けて磨いていてもどうしても歯垢が残ってしまう様で、二か月に一度クリーニングを受ける度に歯科医に指摘を受けます。毎回同じことを注意され、きちんとケアできない自分が情けなく、恥ずかしいです。」(29歳・女性)

「歯磨きは、欠かさずにしていますが、やはり歯科医院でのクリーニングとは、全然違います。今は、年に一度くらいですが、三か月に一度くらいの間隔でクリーニングを受けたら、もっと綺麗でいられると思います。」(35歳・女性)

○ホワイトニング専門医へ

「生活していて、着色するのは仕方ないので、家ではホワイトニング効果の期待できる歯みがき剤を使い、たまにホワイトニングの施術を歯科医院などで受けています。」(49歳・女性)

「歯磨きしていても歯が黄色いです。あなたの色は普通に問題ない。といわれたけれどやはり自分では気になります。歯科ではホワイトニングの施術をしなければ芸能人みたいな白い歯にはならない。」(23歳・女性)

いかがだったでしょうか。

毎日の歯磨きチェックをされている方からホワイトニングの受診をされている方まで、歯を白く保つための様々なケアや工夫を紹介しました。真っ白な歯に憧れることもあると思いますが、大切なのは、真っ白ではなく、自分が納得する清潔感に保つことかもしれませんね。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー

ORALcom 新規メンバー募集

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペーンなど特典がいっぱいです。

新規会員登録する