このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 甘いもの、冷たいものでキーン!知覚過敏の症状まとめ

甘いもの、冷たいものでキーン!知覚過敏の症状まとめ

ピックアップ 2018年08月20日

暑い時期に冷たいものが欲しくなりますよね。この夏も冷たいもので口の中がキーンと痛む経験をした方もいるのではないでしょうか。みなさんの知覚過敏の経験をまとめてみました。

○甘いものでもしみます。

「日によって、口臭がきつい日とそうでない日があります。知覚過敏のため、チョコレートなど甘いものを食している際に、しみる事が度々ございます。定期健診で、通常では出てはならない歯茎が出ているので、研磨剤の入っていない、歯磨き用品の使用を勧めて頂きました。」(37歳・女性)

○歯茎下がりと診断

「先日、特に冷たいものを食べると歯に鋭い痛みがあるためかかりつけの歯医者に行ったところ、歯ぐきさがりによる知覚過敏と診断されました。痛む場所にコーティング剤を塗っていただきましたが、どうしても痛みは残ってしまいます。」(45歳・女性)

○知覚過敏歯磨きが手放せない

「知覚過敏があります。また、妻から口臭を指摘されます。最近会社のコーヒーがインスタントになり、色が付着するため白くするため知覚過敏歯磨きに加え、白くする歯磨き粉も加えました。」(55歳・男性)

○薬剤で保護しています。

「くいしばりが原因で一部の歯茎下がりが気になります。知覚過敏な部分には保護剤?膜をはる薬剤を塗布してもらっています。出来るだけ自分の歯を残したいので削って詰め物をするのは様子を見ています。」(43歳・男性)

○子供も知覚過敏に

「小学3年になる子供の歯に関してですが、大人の歯に生え変わったとたん、歯がしみるようになったようです。虫歯ではなさそうなので、知覚過敏だと思うのですが、まだまだ若いのにどうして知覚過敏になってしまうのでしょうか。」(36歳・女性)

○ガリガリ君が食べれない

「知覚過敏なので、冷たいものが食べれません。一番辛いのは夏にガリガリ君が食べれないことが何よりつらいです。また舌に口内炎ができやすいので、その時は熱いものも冷たいものも食べれず、本当に辛い思いをしています。」(30歳・女性)

いかがだったでしょうか。

知覚過敏の症状により、ちょっとしたことで痛みがでたり、食事が億劫になったりとみなさん苦労されています。痛みや違和感を感じたら歯医者さんで診察を受けてみてください。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー