このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 悲喜こもごも!?歯医者さんで言われた言葉をまとめてみました。

悲喜こもごも!?歯医者さんで言われた言葉をまとめてみました。

ピックアップ 2018年08月20日

歯科治療や定期検診など様々な場面で歯医者さんに行くことがあります。そんなときに歯医者さんに言われて褒められたことやショックだったことなどをまとめてみました。

○長年の磨き方に正しい指導が。

「10年ちょっと前から3か月に1回を目安で定期検診に通っています。私は上の歯の表を先に全部磨き、下の歯の表を磨き、上の歯の裏を磨き下の歯の裏、歯の上層部(かみ砕くところ)の順序で42歳まで磨いていました。半年ほど前の検診で歯ブラシ指導が入り歯の1本1本表裏上を磨く順番に変えるように指導が入りました。その方が磨き残しが無くきちんと磨けるから・・・と。40年以上の磨き方のリズムがあるものの「確かに」と思える部分が多数あります。」(43歳・女性)

○購入前に相談してひと安心

「電動歯ブラシのように、歯と歯の間をジェットウォッシャーで流してくれる器械の購入を相談したところ、実際に私の歯に水を当て、私の歯は詰まって生えているので、ジェットウォッシャーは歯間を通らず、跳ね返してしまうと教えてくれました。購入前に相談できて、本当に良かったです。」(49歳・女性)

○磨いているつもりが・・・

「半年前に虫歯治療などしっかりしてもらったのに、先日、妊婦歯科検診で受診したら、上の奥のほうの歯がかけていたり、上の奥歯がちゃんと磨けてなくて鏡で見せてもらったら、かなり汚れていたりして、ちゃんと磨いていると思っても、磨けてないんだなと思った。鏡で見せてもらった奥歯がかなり汚れていたのが、衝撃的(ちゃんと磨いているつもりだったから)で、印象に残った。」(36歳・女性)

○親としての安心をいただきました。

「子どもの歯科検診で、我が子は歯磨きも毎食後行い、お菓子やジュースなど与えていないが虫歯になり、親として悩んでいた時にかかりつけの先生が「お母さん、そんなに悩まなくても大丈夫。今の丁寧な歯のお手入れが、必ず永久歯を強くするから!」と言われ、親としての責任につぶされそうな思いをすくって頂き、今後への励ましと共に努力を認めてもらえた事が、とても嬉しかったです。」(53歳・女性)

○歯茎も大事にね

「昨年虫歯の治療で25年程まえに詰めた銀が落ちたので歯医者に久々に治療していただいたが、その時にすごいねと褒められました。高校以来の治療らしい治療でした。歯並びが悪いところのコーヒーなどのくろずみを丁寧に取るブラッシングの指導を受けましたが、オーバーブラッシングに気をつけて歯茎も大事にしてと指導されました。」(43歳・男性)

○やさしく磨いてくださいね

「10年以上前、主治医より歯ブラシの持ち方はペンを持つ握りと同じく、優しく磨くことと言われたことが印象的でした。それまでは強く磨くことが歯垢を除去し、強い歯茎を作ると思っていたため、自分の中では衝撃的でした。おかげさまで今は神経を抜くことなく綺麗な歯を維持出来ています。」(31歳・男性)

いかがだったでしょうか。

歯医者さんは、治療をするだけではなく、あなたの歯を守ってくれるエキスパート。ちょっとした一言で嬉しい気持ちになったり、悲しくなることもありますが、それも歯を守るための一言。上手に歯医者さんと付き合いながら自分の歯を守っていきたいですね。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー