このページの先頭です

みんなのオーラルケア

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > みんなのオーラルケア > 噛むことは体にも歯にもいい。みんなの習慣5選

噛むことは体にも歯にもいい。みんなの習慣5選

お気に入りに追加

ピックアップ 2018年10月16日

よく噛むことは、単に食べものを体に取り入れるためだけではなく、全身を活性化させるのにたいへん重要な働きをしています。歯にもいい噛む習慣をまとめてみました。

○体調不良の改善を実感

「時間を急いで頂く事が多い為に、つい早く頂くので、あまり噛まずに頂いていたら、胃が痛くなったり、色々と不具合が生じる事が多くなった事をきっかけに、なるべく、ゆっくり、しっかり噛んで頂くようにして、ひと口20回噛みを目標に頂くようにしております。
ゆっくりよくかんで頂く様になってから、不調だった胃もだいぶ改善され、体重も何もしていないのに減少したり、歯も虫歯とかでもないのに痛くなったりしていたのが、痛みが出なくなったりと、良い事尽くめです。家族や周りの人にもよく噛んで頂くように勧めています(^_^;)」(54歳・女性)

○満腹感で体型維持ができる

「食事に固めの食材も入れて、よく噛むことを意識する食事にしています。食事中は、一口ごとに箸を置いて、30回以上噛んで食べます。よく噛むようになってから、消化吸収が良くなり、満腹感が出て、ダイエットをしなくても体型を維持できるようになりました。むし歯にもなりにくくなって、脳の働きも良くなったと感じています。」(43歳・女性)

○意識して「ながら食べ」をやめました。

「いつもは早食いで、あまり噛まずにいるのですが、たまにゆっくり噛むことを心がけ食べています。咀嚼することで、唾液も出て消化もよくなるし、唾液には殺菌作用もあると聞いたことがあります。あと食べるときはできるだけなにかをしながら食べるということを辞めました。食事のときは、食事に集中するようにしています。」(27歳・女性)

○飲み込むまで飲み物は我慢!

「ご飯を噛む回数を毎回数えていては、美味しいごはんも美味しく感じられなくなると私は思いますので、出来るだけ簡単に、ご飯を飲み込むまで、飲み物を飲まないようにしています。そうすると、飲み物で流し込まなくて良い分、よく噛んで食べれるのではないかと考えているからです。」(25歳・男性)

○食事の時間をたっぷりとっています。

「噛むことが、脳への刺激にもなるとの事で、近年 努めて意識する様になりました。また、歳のせいの方が大きいかと思いますが、量も減って、唾液は増えて、ダブルで健康に良いみたいです。若い頃の様に時間に追われて仕事をしてる時は殆ど掻き込んでましたから、基本は、やはり食事の時間をたっぷり取る事かな。」(63歳・女性)

いかがだったでしょうか。

忙しい中で食事をすると、ついつい早く食べてしまいがちですよね。噛むことは、歯や体の健康、ダイエットにも繋がります。自分が食べるのが早いなと感じる方は、食べるときに少しだけ意識してみてはいかがでしょうか。

一覧ページに戻る

みんなのオーラルケア

2018年
2017年
2016年
2015年
バックナンバー

ORALcom 新規メンバー募集

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペーンなど特典がいっぱいです。

新規会員登録する