このページの先頭です

特集・対談

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > 特集・対談 > 専門医が教えるスキンケア術!肌力アップ&オーラルケアセミナー

専門医が教えるスキンケア術!肌力アップ&オーラルケアセミナー

セミナー 2016年07月26日

今回のおくちセミナーのゲストは、八重洲形成外科・美容皮膚科院長の原かや先生。
美肌と美歯の秘訣を知るドクターお二人によるキレイになれちゃうお話です。

日々のケアでトラブルが小さいうちに気付けるようになることが大切。

金井 : 肌トラブルには結構悩まされてきましたが、早めの対処が大切なのですね。

原 : 日々のケアを大切にして、小さなうちにトラブルを見つけることが大事です。歯も同じですよね。実はこちらでチェックしていただいたら、トラブルが見つかって早速対処したところです。大きなトラブルも、最初は何らかの小さなトラブルから始まっているわけですから、チェックするのは大事ですね。他にも色々見ていただきましたが、歯をみがく時の圧を測っていただいて、自分の歯をみがく力が弱いということを認識できたのはとても勉強になりました。

金井 : 毎日の習慣であまり何も考えず、何となく歯みがきをしている人は意外と多いと思うのですが、自分の歯や口の状態を正しく認識した上で歯をみがくことがとても大事です。同じように歯をみがいても、自分の状態に合っていない歯ブラシでみがくのと、合った歯ブラシでみがくのとでは、みがき残しの歯垢の量が全然違います。むし歯に気をつけた方がいいとか、歯周病に気をつけた方がいいといった、自分のリスクを知ることも効果的にケアするのには大切です。クリニックではそうしたチェックが気軽にできますので、是非利用していただきたいですね。トラブルに早く気づくほど、治療にかかる時間も費用も少なくてすみますから。

日々患者さんと接する中で、「もうちょっと早く受診してほしかった」と感じることが多いという原先生と金井先生。とはいえ、トラブルが深刻化しないとなかなかクリニックには足が向かないもの。クリニックに行くきっかけに早く気づくにはどうしたらいいでしょうか。

原 : エイジングに関しては、意識があるかないかが大きいですね。大きなしみがあっても全く気にしない人もいれば、小さなしみでもとても気にする人もいますから。でも、普段できない場所にニキビができたといったような、ちょっとしたサインがある時は、クリニックに行くことをオススメします。

金井 : 歯はいつも汚れていると汚れていることに気づかないんです。一度キレイな状態を知ると、舌で触ってザラザラした汚れた状態がわかるようになりますから、クリニックで一度しっかりとクリーニングをし、ツルツルしたキレイな状態を知っていただくことをオススメします。歯をみがいていて、血が出た経験のある方も多いと思いますが、これは単純に歯ブラシで歯ぐきを傷つけてしまったことが原因でない場合があります。歯ぐきは、歯の根元に汚れが溜まって炎症を起こしていると、少しの刺激で出血します。これは、多かれ少なかれすでに歯周病にかかっているサインです。デンタルフロスや歯間ブラシを歯と歯の間の根元まで通して血が出るようであれば、その可能性が高いですから、放っておかずに歯科医院を受診するきっかけにしていただきたいですね。

かかりつけ医との付き合い方のコツを教えて下さい。

原 : 肌のトラブルがあった時に、ドラッグストアで薬を買うのではなく、是非クリニックに足を踏み入れてみていただきたいですね。保険診療と自由診療の両方を実施しているクリニックは結構あります。気軽に足を運べるクリニックを作っておくと、トラブルが小さなうちから医師に相談でき、自由診療の美容の施術などについての適切なアドバイスをもらうことができますよ。クリニックといって身構えず、お気に入りの美容院に通う感覚で来ていただきたいですね。

金井 : かかりつけの歯科医院があるという方によくよく聞くと、定期的にチェックやクリーニングを受けに行っているのではなく、トラブルが生じた時だけかかっている。というケースが多いようです。しかし、クリニックには是非、悪くなってからではなく悪くなる前に、原先生が仰るように定期的に美容院に行く感覚で通っていただきたいですね。

セルフケアの限界?

金井 : 歯の形や口の中はとても複雑なので、残念ながらみがき残しの歯垢をゼロにすることはほぼ不可能だと思ってください。少しでも効率よく、みがき残しの歯垢を減らすためには、自分の不得意なところ、みがけていないところをきちんと知り、そこを常に意識してみがくことです。自分ではなかなか気づけないですから、是非、クリニックで歯みがき指導を受けていただきたいですね。クリニックに通って定期的にクリーニングをすることも勿論大切ですが、いくら歯科医院でキレイにしてもらっても、自宅でのセルフケアができていないと、すぐに汚れた状態に戻ってしまいます。セルフケアを上達させることは、クリーニングに通うこと同様におくちの健康に効果的なんです。クリーニングに通う間隔を伸ばすことにもつながりますから、経済的ですよね。昔言われていた指導が今は違っていることもあるので、是非クリニックと上手にお付き合いして、新しい知識をどんどん得てほしいと思います。

いかがでしたか?

小さなトラブルでも親身になって相談にのってくれるクリニックを見つけて、適切な処置やアドバイスを受けることが健康美人への早道と言えそうですね。クリニックというと敷居が高いですが、ちょっとだけ勇気を出して、美への道を目指しましょう。

  • 八重洲形成外科・美容皮膚科院長
  • 原かや
  • 医師。東京女子医科大学医学部卒業後、同大学形成外科学教室入局。複数の医療機関にて勤務後、2015年東京駅近くに八重洲形成外科・美容皮膚科を開業。形成外科・レーザー専門医。

    >> 八重洲形成外科・美容皮膚科のHPはこちら

一覧ページに戻る

特集・対談

2017年
2016年
2015年
バックナンバー

ORALcom 新規メンバー募集

歯科専門家への相談や、オーラルケア情報満載のメルマガ、会員限定キャンペーンなど特典がいっぱいです。

新規会員登録する