このページの先頭です

こども歯科相談(歯並びに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯並びに関すること > 結合歯の形状はなおりませんか

こども歯科相談室

歯並びに関すること Q&A

お気に入りに追加

2018年06月29日

結合歯の形状はなおりませんか

過剰歯と乳歯がくっついてひとつになったまま生えてきました(1歳6カ月健診の時に言われました)。
現在は先割れスプーンのような形になっています。治療方法があったら教えていただきたいです。
形状的に虫歯になりやすいと言われましたが、歯磨き以外で有効なセルフケアがあれば教えていただきたいです。

村松健司先生からのアドバイス

お子さんの歯の形やお口の状態に適した治療方法やむし歯予防の方法があります。
診察してみないと分かりませんが、過剰歯と乳歯がくっついてひとつになったまま生えてきた歯は、癒着歯または癒合歯だと思われ、歯の形にもよりますが尖っているところを丸めたり溝を埋めたりすることができます。
歯磨き以外のむし歯予防のセルフケアとしては、規則正しい食生活、フッ化物入り歯磨剤の使用などが挙げられます。
癒着歯または癒合歯は歯の形だけでなく、永久歯の生え変わりや歯並びに問題が起こることもあるので、小児歯科専門医を受診して適切な治療を行い、お子さんのお口の中の状態に合ったむし歯予防の方法を相談し、定期的な管理をされてはいかがでしょうか。

村松健司先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関するご相談に、日本歯科大学附属病院小児歯科の
医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する