このページの先頭です

こども歯科相談(歯並びに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯並びに関すること > 指しゃぶりで歯に隙間ができました

こども歯科相談室

歯並びに関すること Q&A

2018年07月27日

指しゃぶりで歯に隙間ができました

3歳のこどもの指しゃぶりが治らず、歯に隙間が出来てしまいました。このままだと歯科矯正などが必要になってきますか。

新見嘉邦先生からのアドバイス

将来矯正治療が必要になる可能性があります。
指しゃぶりによる歯の隙間というと、上下の前歯の間に隙間ができてしまったのでしょうか?
3歳くらいまでの指しゃぶりは自然なもので、無理にやめさせる必要はありません。しかし、習慣化している場合は歯並びに影響が出る場合があります。今後自然に指しゃぶりは減ってくることが多いですが、4歳を過ぎても続くようであれば、小児歯科を受診し相談してみるのもひとつです。
既にできてしまった隙間は、指しゃぶりをやめると自然に改善することもありますが、隙間に舌を入れたり、口で呼吸する癖がついた場合は、症状が改善せず、矯正治療が必要になります。ご心配でしたら小児歯科専門医を受診し、相談してください。

新見嘉邦先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。