このページの先頭です

こども歯科相談(歯並びに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯並びに関すること > 開咬の矯正

こども歯科相談室

歯並びに関すること Q&A

2016年07月27日

開咬の矯正

小学生の息子の開咬がひどくて矯正中です。開咬なので器具をつけた歯にゴムをかけて寝ていましたが、ゴムをかけていた乳歯が抜けてしまいました。矯正をはじめてもう2年経っています。今度は大人の歯が生えてくるまでまたないといけませんか?

三宅真帆先生からのアドバイス

歯の生えかわりの時期なので、引き続き経過をみていく必要があります。
咬んでも上下の前歯同士が当たらないかみ合わせを開咬といい、治療の対象となります。開咬の原因には、長期間の指しゃぶりや口呼吸、舌の悪い癖で口腔周囲の筋肉のバランスがくずれてしまうことなどが挙げられます。それ以外の原因として、あごの大きさなどの骨格的な問題もあります。
お子さんの歯は生え変わりの途中で、これから大人の歯並びが決まってくる時期です。矯正治療は年齢やお口の状態によって適宜調整が必要で、継続的な治療を必要とします。担当の先生の治療方針や説明をしっかり聞いて、今後も治療に臨んでください。

三宅真帆先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。