このページの先頭です

こども歯科相談(歯並びに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯並びに関すること > マウスピースをつけたまま眠ること

こども歯科相談室

歯並びに関すること Q&A

2016年09月28日

マウスピースをつけたまま眠ること

歯ぎしりが強くて、夜だけ、マウスピースを使用しています。寝ている間は成長ホルモンが多く出ていると聞きましたがマウスピースをつけたまま眠って、あごの発達に問題はないのでしょうか?
歯と歯の隙間が空いてこないので心配しています。

新見嘉邦先生からのアドバイス

顎の成長に障害が生じないように装置を使用します。
歯ぎしりによる過剰な刺激から歯やあごを保護するために、マウスピースを使用することがあります。装置は歯の生えかわりや顎の成長により合わなくなることがあり、その際は適時装置を作り直す必要があります。
歯ぎしりの症状とあごの成長のバランスを考えて使用しますが、どちらも個人差があります。歯科医師とよく相談して装置を着用されると良いでしょう。

新見嘉邦先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。