このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > 乳酸菌は歯にいい?悪い?

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

2017年03月31日

乳酸菌は歯にいい?悪い?

孫のお口に関する悩みです。昔、乳酸菌は歯を溶かすのでよくないと聞いていたのですが、今は歯のためにいいと言われているというのは本当でしょうか。

梅津糸由子先生からのアドバイス

すべての乳酸菌が歯のためによいものではありません。
乳酸菌は糖を分解し乳酸を産生することで歯を脱灰(溶かす)します。
「乳酸菌」のなかには多くの分類があります。乳酸菌の中の特定の菌に歯周病菌やむし歯菌への抗菌効果がある事が実験の中で報告されています。
またお口の中に生息する善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことにより環境に整えるという考えのもと作られた商品もあります。ただお子さんへの臨床的な効果の報告はありません。
乳酸菌飲料などの加糖・酸性の飲み物は、その糖分によりむし歯菌が酸を作り歯を溶かしますので、小さなお子さまの常用される飲み物にはお勧めできません。
すべての乳酸菌が歯に効果的では無いので注意深く応用しましょう。ご心配の方はかかりつけ医、小児歯科専門医にご相談下さい。

梅津糸由子先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。