このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > 人口甘味料はむし歯になりませんか

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

2017年03月31日

人口甘味料はむし歯になりませんか

子どもが飴を食べたがるのですが、飴は一番歯に悪いお菓子だと思います。全く食べさせないことはむずかしいので、ノンシュガーのものを食べさせようと思っています。ノンシュガーキャンディーに入っている人工甘味料は本当に虫歯にならないのでしょうか?

亀岡亮先生からのアドバイス

多くの人工甘味料自体はむし歯の原因はなりませんが、添加されている食品によってはむし歯の原因になることはあります。
むし歯は、フルクトース、グルコース、スクロース(砂糖)といった天然甘味料があると、お口の中の細菌が酸を作ることにより起こります。アスパルテームに代表されるカロリーがない人工甘味料は、細菌が酸を作ることができないためむし歯の原因になることはありません。一方で、カロリーがある人工甘味料の一部には、酸が作られる可能性があるため、むし歯の原因となる懸念があります。
今回ご質問をいただいたノンシュガーのお菓子についてですが、ごく少量砂糖が添加されている可能性があり、それはむし歯の原因となることが考えられます。
むし歯を作らないために、保護者がお菓子の管理をしてあげることはすごく大切なことです。一方で、お子さんの成長において砂糖を含んだお菓子を禁止することは必ずしもいいこととは言えません。小児歯科専門機関では、間食の取り方などの指導も受けることができますので一度受診されてはいかがでしょうか。

亀岡亮先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。