このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > 子どもにできた虫歯の受診のタイミング

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

2017年07月20日

子どもにできた虫歯の受診のタイミング

子どもの虫歯の見分け方が難しくて、歯科受診させるか悩みます。
白くなっているのを見つけて心配になり受診したところ、歯の色だと言われて「子どもの歯はこんな感じ」だと教えていただきました。
その2ヶ月後、また少し白くなっている場所を見つました。大人と違い進行も早そうで心配なので受診したほうがいいのかと悩みます。

梅津糸由子先生からのアドバイス

歯科医院で歯の色か、汚れか、むし歯かを診てもらいましょう。
歯の汚れやプラーク(歯垢)で歯が白く見えることがあります。歯を磨いても白濁(歯の表面にある透明感のない白さ)が残っている場合は、むし歯になり始めの「初期むし歯」かもしれません。
「初期むし歯」とは、歯の表面に付着したむし歯菌が作った酸により、歯の表層が溶け出した状態のことで、よく磨いてから乾燥して診ないと判断できません。
「初期むし歯」の場合、フッ素配合の歯磨きペーストを使用していねいに歯磨きをしましょう。溶け出した歯の表面はイオンを取り込むことで「再石灰化」し、元の歯に戻っていきます。
このように初期むし歯は削らずに治すこともできますが、まずは歯科医院で診断をしてもらいましょう。
ご不安なようでしたら小児歯科専門医に相談しましょう。

梅津糸由子先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来、小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。