このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > どうなっているのがむし歯なの?

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

2017年08月31日

どうなっているのがむし歯なの?

乳歯の初期虫歯の状態がどのようなものなのか知りたいです。
歯の色が黄色っぽかったり、ところどころ色が違っているので歯医者さんに連れていきましたが虫歯ではないと言われました。どのようになっていたら虫歯なのかが知りたいです。

山崎てるみ先生からのアドバイス

「再石灰化」が不可能な状態を、「むし歯」と言います。
テレビのCMや雑誌で、初期むし歯や再石灰化など様々な言葉が使われるようになりました。
簡単にいうと、初期むし歯の見た目は、歯表層のエナメル質が光沢感を失っていたり、黄色っぽかったりします。この状態は丁寧なブラッシング、フッ化物配合歯磨剤の使用、規則正しい生活習慣そして歯科医院でのフッ化物塗布などで、削らずに修復が可能です(再石灰化)。しかし、少し進行すると、エナメル質が溶かされて粗造になり、穴があく場合もあります。この状態はもうむし歯と言います。
いずれにしても、自己判断はとても難しいので、ご心配であれば、小児歯科専門の先生に診てもらうのがおすすめです。

山崎てるみ先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関するご相談に、日本歯科大学附属病院小児歯科の
医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する