このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > むし歯のなりやすさの違い

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

2014年10月01日

むし歯のなりやすさの違い

私は虫歯で治療だらけなのですが、子供もすぐに虫歯になってしまいます。お友達の子は仕上げ磨きもしていないといっているのに虫歯がありません。仕上げ磨きをしているのになぜなんでしょうか。(30代)

松﨑祐樹先生からのアドバイス

食生活を見直してください。
人によってむし歯菌の量が多い少ないがあります。当然、むし歯菌が多いとむし歯になりやすくなります。お友達のお子さんが仕上げ磨きをしなくてもむし歯が少ないのは、むし歯菌が少ないことが一つの理由かもしれません。しかし、むし歯菌が多いからといって全員が虫歯になるわけではありません。一番大切なのはむし歯菌が繁殖しやすい環境を作らないことです。むし歯菌の栄養となる砂糖のとりすぎに注意することはもちろんですが、食べたり飲んだりする回数を減らすことも重要です。しょっちゅうお菓子をつまんだり、飴を舐めたり、ダラダラと食事をするなどの食生活は、むし歯菌を口の中で繁殖させてしまいます。一度歯科医院で仕上げみがきの方法や食生活について相談してみてはいかがでしょうか。

松﨑祐樹先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。