このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > むし歯の進行止め

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

2014年10月17日

むし歯の進行止め

3歳の子供が虫歯になってしまい、進行止めを塗ってもらったのですが歯は黒くなっていて、進行止めなのか、もう取れてしまって虫歯なのかが良く分かりません。(40代)

梅津糸由子先生からのアドバイス

進行止めとはおそらくフッ化ジアミン銀塗布を受けたのでしょう。
フッ化ジアンミン銀はフッ素と銀を含んだ溶液で、フッ素のむし歯予防効果と銀の殺菌作用があります。むし歯の部分に塗ることで進行を抑制しますが、銀と反応し歯は黒く変色します。主に歯科治療の協力が得られない小児に用いますが、一度塗ったからといってむし歯が治るわけではありません。
お子さんの歯は進行止めで黒くなったのか、新たにむし歯になったのかはお口の中を診査しないと分かりません。まずは仕上げ磨きの時に歯に穴があいていないか、歯がかけて形がかわっていないかよく観察してください。食生活や歯磨き習慣を改善しながら、治療してもらった先生にむし歯が進行していないか、定期的に確認してもらいましょう。程度にもよりますが一度黒くなったむし歯でも、削って白い詰め物をすれば白く戻ります。早期に治療を希望される場合やご不安なようでしたら、小児歯科専門医を受診してみてください。

梅津糸由子先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来、小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。