このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > むし歯はどのようにしてできるのですか

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

お気に入りに追加

2015年10月28日

むし歯はどのようにしてできるのですか

お菓子等を時間を決めないで食べている子供は虫歯になっていないのに、食べる時間を決めていて歯磨きもしている兄弟は虫歯になっています。虫歯になる条件は何なのでしょうか。

鈴木淳子先生からのアドバイス

むし歯になる主な条件は口の中にいるむし歯菌の量、食生活、歯質などがあげられます。
むし歯菌が少ないお子さんは、あまり歯磨きをしなくても、時間を決めずにおやつを食べていてもむし歯にあまりなりません。一方、むし歯菌の多いお子さんは気をつけていてもむし歯ができやすいのです。むし歯菌の量は3歳くらいまでに決まります。兄弟でもこの量は同じとは限りません。そこで3歳ぐらいまでのケアがお子さんにとって大変重要となります。
しかし、むし歯菌が多く定着した場合でもあきらめる必要はありません。規則正しい食生活を心がけ、かかりつけ歯科や小児歯科専門医を受診し、お子さんのお口の環境に合った歯磨き方法を教えてもらいましょう。また、定期的に歯科でクリーニングをし、必要に応じてフッ素による予防も取り入れてはいかがでしょうか。

鈴木淳子先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関するご相談に、日本歯科大学附属病院小児歯科の
医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する