このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > 歯磨き嫌いのこどもにできること

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

2016年05月26日

歯磨き嫌いのこどもにできること

虫歯にさせたくないのですが、歯磨きをいやがられてしまい困っています。1日1回磨きでも大丈夫でしょうか。また、親の箸で子供に食べ物をあげたりするのは避けた方がいいとよく聞きますが、菌をゼロにすることは不可能に近いとも聞きます。不可能であれば箸を一緒にしても変わらないのではないかとも思うのですが、菌の数が重要なのでしょうか?菌に触れる回数が多いと虫歯になりやすいのでしょうか。

山崎てるみ先生からのアドバイス

夜の仕上げ磨きを丁寧に行いましょう。
理想的には、歯磨きの習慣づけのためにも、毎食後のブラッシングを推奨しますが、お子さんが嫌がると、お母さんもなかなか大変だと思います。毎食後のブラッシングがどうしても難しい時には、少なくとも就寝前の仕上げ磨きを念入りに行うことをおすすめします。しかし、眠くなると余計に歯磨きを嫌がることもあるので眠くなる前の夕食後に磨いてしまうのも一つの方法だと思います。ご存じのように、むし歯の原因の一つは細菌です。その細菌が増えやすいのは寝ている間で唾液の流れが少なくなったときですから、就寝前のブラッシングでお口の中を清潔にすることが特に大切です。
また、むし歯菌の感染についてですが、確かに菌数をゼロにすることは出来ません。それであれば、感染の機会をなるべく少なくする、規則正しい食生活を心がける、きちんとブラッシングをしてむし歯の原因菌がお口の中に住み着く(定着する)ことを可能な限り防ぐということがむし歯予防にはとても大切だと思います。お箸の共有については感染源の一つとはなりますが、それよりも保護者自身がきちんと歯科治療を受ける、お口のケアをきちんとすることがより大切だと考えます。

山崎てるみ先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。