このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > RDテストでむし歯になりやすいといわれたこども

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

2016年08月30日

RDテストでむし歯になりやすいといわれたこども

4歳と3歳の男の子がいます。二人とも一歳半の歯科健診のときにRDテストをして、虫歯になりやすいとの結果でした。虫歯は今のところないのですが、甘いものやおやつが大好き。歯磨きは主に朝と夜の2回だけ。間食したあとにも歯磨きをさせたほうが良いですか?忙しいときなどはうがいで大丈夫ですか?

梅津糸由子先生からのアドバイス

食後の歯磨きや、おやつの後のうがいの習慣は大変良いことです。
おやつなど甘いものは決められた時間にとりましょう。
食後仕上げ磨きをていねいにしてあげてください。
※RDテストとは、唾液中のむし歯の原因菌の多少を、色の変化の程度から口腔内の衛生状態を判定する簡易試験です。
検査でむし歯になりやすい結果とのことでしたので、むし歯の原因菌が口の中にいるとのことでしょう。
3・4歳のお子さんにとっておやつなどの間食は成長に欠かせない大切な栄養です。食べ方の工夫をしましょう。また歯にくっつきやすいもの、お口の中に残りやすいもの、砂糖(ショ糖)を含んでいるものは、むし歯の原因となりますので注意しましょう。

梅津糸由子先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。