このページの先頭です

こども歯科相談(むし歯に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > むし歯に関すること > カリオスタット検査の結果

こども歯科相談室

むし歯に関すること Q&A

2016年11月29日

カリオスタット検査の結果

小児検診のカリオスタット検査で心配なしという結果をもらいました。これは口の中にまだ虫歯菌がいないということなのでしょうか。

山崎てるみ先生からのアドバイス

むし歯の原因となる菌が、検査した時点では、お口の中に少ないととらえるのが良いかも知れません。
カリオスタット検査は、プラーク(歯の汚れ)を利用して、その中にいるむし歯の原因となる細菌が酸を出す強さをみます。むし歯菌の数そのものをカウントしたものではありませんが、カリオスタットはむし歯リスクの将来予測としてよく用いられています。しかし、検診での結果は、その時点での一つの目安とお考えになるのが良いかと思います。
むし歯予防の基本は、正しい歯磨き習慣、正しい食事・間食習慣などです。検査結果「心配なし」は普段のお母さんの努力だと思います。しかし今後も、普段の生活にはお口に影響を及ぼす因子がたくさんあります。検査の結果は変化します。むし歯が気になるのであれば、まずは適切な歯磨き習慣や正しい生活習慣を確立することを心がけましょう。

山崎てるみ先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。