このページの先頭です

こども歯科相談(歯の外傷に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯の外傷に関すること > エナメル質がないこどもの歯の治療

こども歯科相談室

歯の外傷に関すること Q&A

2017年09月27日

エナメル質がないこどもの歯の治療

こどもの歯ですが、エナメル質がない状態で産まれたため、前歯が欠けてしまいました。歯医者さんに行かなくてはいけないと思いますがどのような治し方をするのでしょうか。

内川喜盛先生からのアドバイス

前歯が欠けたときの治し方は、その欠けかたにより大きく異なります。
歯が欠けた量が少なく、歯の神経まで達していなければ、欠けたところに白いプラスチックをつめて治します。歯が欠けた量が大きく、歯の神経まで達していますと神経の治療が必要となります。何回か神経の治療を行い、落ち着いたらお薬を入れて、最後は白いプラスチックで歯の形を作ります。さらに欠けた量が大きく根まで達していると、その歯の保存は難しく、抜歯となります。まずは早目の受診をお勧めします。

内川喜盛先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関するご相談に、日本歯科大学附属病院小児歯科の
医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する