このページの先頭です

こども歯科相談(歯の外傷に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯の外傷に関すること > 前歯を打った後の影響

こども歯科相談室

歯の外傷に関すること Q&A

2014年08月19日

前歯を打った後の影響

子供が3歳のとき、自転車から転倒して前歯を打ち、歯医者さんからは「乳歯だから大丈夫」といわれたのですが、歯の色が悪く、これから生え変わる歯に何か影響するのではないかと心配です。(30代)

楊秀慶先生からのアドバイス

色が悪くなった乳歯が現在どのような状態であるかによります。
生え変わる歯への影響は、ぶつかった前歯との位置関係や、変色した歯の状態、ぶつかってからどれくらいたって歯医者さんに見てもらったかにもよります。もし歯の色が黒っぽく変色している場合は、一般的に根の治療をしないと骨の中に膿がたまります。またそれを放置すると、永久歯の歯の一部がくぼんだり、黄ばんだり、生える位置が悪くなる場合があります。ただし歯の色が悪くても、その歯が他の歯に比べても明らかに異常なぐらつきがない場合や、永久歯の生え換わりが早いお子さんであれば、経過を見る場合もありますので、歯医者さんは「乳歯だから大丈夫」というわけではなく、状況から考えると、「すぐに治療は必要ない」という意味で話されたのではないかと思います。年齢から考えると乳歯が生え変わるまで最低2年程度ありますので、ぶつかった前歯が悪くなっていないかを定期的にみてもらう事が重要だと思います。

楊秀慶先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。