このページの先頭です

こども歯科相談(歯の外傷に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯の外傷に関すること > こどもの歯の食いしばり

こども歯科相談室

歯の外傷に関すること Q&A

2016年01月22日

こどもの歯の食いしばり

こどもがサッカーをしていて、対面でぶつかる時や、ヘディングをしている時などに、強く歯を食いしばっています。スポーツをする人は歯がぼろぼろになると聞くととても心配になります。

三宅真帆先生からのアドバイス

この時期の食いしばりが将来どのような影響を及ぼすかははっきりとした結論はでていません。
スポーツ競技中の食いしばりやかみしめは、成人で長期に及ぶ場合は歯のすりへりや揺れ、かぶせものが壊れやすくなったりすることなど歯の早期喪失の原因となりえますし、顎の関節に悪影響をもたらすこともあります。しかし、小児のスポーツ競技中の食いしばりがどのように影響するかは現在、特に指摘されていません。
スポーツ競技中に生じる口腔外傷の予防を目的に、お口に装着する『マウスガード』というものがあります。競技者同士が激しく接触するスポーツは、歯やお口のけがの起こる危険性が高いとされています。口のけがを予防するには、マウスガードの装着は非常に効果的で、装着が義務付けられている種目もあります。マウスガードは食いしばりからの歯の保護する上でも効果的ですので、お近くの歯科医院に問い合わせてみるのもいいかもしれません。

三宅真帆先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。