このページの先頭です

こども歯科相談(歯の外傷に関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯の外傷に関すること > 外傷で神経が出てしまった歯の処置は

こども歯科相談室

歯の外傷に関すること Q&A

2016年12月27日

外傷で神経が出てしまった歯の処置は

子どもが歯をぶつけて前歯が欠けてしまいました。
歯医者さんに行ったところ、神経が出ているので削れない。と言われ詰め物をしてもらいましたが、その日の夜に取れてしまいました。
別の歯医者さんへ行ったらところ、詰めてもすぐ取れてしまうので少し削って違和感をなくしましょうという事になりました。治療は終わりましたが違和感があるようです。永久歯が生えるまではまだ先なので、このままで大丈夫なのかが心配です。

村松健司先生からのアドバイス

歯が欠けて神経(歯髄)が出てしまった歯は、神経(歯髄)保護のために詰め物をするだけでなく、神経(歯髄)に対する治療が必要な場合もあります。
経過は、神経(歯髄)の回復状態と治療後の症状により異なります。歯の神経(歯髄)へのダメージが大きかったり、神経(歯髄)が細菌感染したりすると、歯の痛みが治まらなかったり、歯肉が腫れたりします。
その場合は、歯の神経(歯髄)の治療が必要となります。さらに、生えてくる永久歯に悪影響を及ぼす場合には乳歯の抜歯を行います。
歯をぶつけた場合、時間の経過とともに多様な変化を示しますので、定期的な歯科受診による現状の把握が必要になります。今後のことが心配であれば、定期的な歯科受診による専門医の診断をお勧めいたします。

村松健司先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。