このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > 口唇口蓋裂のこどもの手入れ

こども歯科相談室

その他 Q&A

2017年06月29日

口唇口蓋裂のこどもの手入れ

息子は口唇口蓋裂でうまれてきました。手術をすでに2回終え、4年後と7年後に口腔内の手術を控えています。虫歯を作ると手術が日程通りにいかないなど不都合があるため虫歯を作らない努力が必要だと言われています。甘いものを控えるのと、歯磨きをしっかりする以外に親としてできることがあれば教えていただきたいです。

梅津糸由子先生からのアドバイス

今実践されているような、ていねいな歯磨きと規則正しい生活習慣がむし歯の予防には大切です。
早目にかかりつけ医を受診し、お口の変化を診てもらい、お口のケアのアドバイスを受けましょう。
ご家庭でできることは、フッ素(フッ化物)入りの歯磨き剤を使用することです。むし歯はむし歯菌がつくる酸によって歯が溶かされていくことでできていきます。フッ素(フッ化物)は歯が溶けるのを防いだり、溶けた歯を修復するのを助けてくれます。このとき歯磨き剤のような低濃度のフッ素(フッ化物)を取り込むことが理想です。歯磨きの際、むし歯予防のためにフッ化物配合のものを少しの量(毛先の数束分)お使いになることをお勧めします。
歯並びによっては歯磨きが上手くいかないこともあるでしょう。ご不安がありましたら、小児歯科専門医にご相談ください。

梅津糸由子先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来、小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。