このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > フッ素入りジェルはみがきの使い方

こども歯科相談室

その他 Q&A

お気に入りに追加

2018年01月09日

フッ素入りジェルはみがきの使い方

2歳児歯科検診を受診した際、歯科医師よりフッ素入りのジェル状歯みがき粉を使って磨いた後のうがいは必要ないとアドバイスを受けました。
大人は気持ち悪いと思うが、子供はまだその感覚がないので大丈夫、せっかくのフッ素をうがいで流してしまうし、うがいしないことで健康上特に問題ないとのことでした。
これは本当なのでしょうか。

甲田彩理沙先生からのアドバイス

フッ化物配合の歯磨剤での歯磨き後のうがいは少量の水(10ml位)で1回にとどめることが推奨されています。
以前アドバイスを受けた2歳時では、うがいが上手に出来ない年齢と思われます。うがいが上手に出来ない場合には、溜まった唾液を吐きだすだけでも問題はありません。
フッ化物配合の歯磨剤の使い方として、歯の萌出から2歳頃までは濃度500ppmで少量(切った爪先程度)、3~5歳は濃度500~1000ppmで5mm以下の量で使用することが推奨されています。
歯磨きの方法に加え、フッ化物配合製品を正しく使用することはお口の健康を保つために大切です。一度小児歯科専門医を受診し、お子さんの年齢やお口の中の状況に合った使用方法を教えてもらってはいかがでしょうか。

甲田彩理沙先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関するご相談に、日本歯科大学附属病院小児歯科の
医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する