このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > 子どもの黄ばんだ歯の治し方

こども歯科相談室

その他 Q&A

お気に入りに追加

2018年03月27日

子どもの黄ばんだ歯の治し方

毎日きちんと歯みがきしているのに子どもの歯が黄色っぽくなってきています。私の歯ももともとそうなので遺伝だとあきらめています。そういう子が歯を白くするには歯科でホワイトニングするしかないのかでしょうか。

梅津糸由子先生からのアドバイス

お子さんの歯が黄色に着色している場合は普段の歯磨きでは落としきれないプラーク(歯垢)がついている場合があります。
歯表面の色素沈着は、上手に磨いていてもつきやすいお子さんもいます。食べるものや唾液の性質により違いがあるようです。これは、歯科医院にて専用の機械を使ってクリーニングすることできれいになります。
もしクリーニングしても歯の色の変化が見られない時には、歯自体の変色によることもあります。原因として、むし歯や歯のつくられる段階での影響、歯をぶつけた影響などが考えられます。この場合は、治療が必要なことがありますので、歯科医院でご相談ください。さらに永久歯は乳歯に比べ、黄色みを帯びた象牙質を半透明なエナメル質で覆う構造となっているため、永久歯は乳歯と比較すると黄色く見えやすいです。
まずはかかりつけの歯科医院を受診してみてください。

梅津糸由子先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。