このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > 歯の溝を埋める治療

こども歯科相談室

その他 Q&A

2018年06月13日

歯の溝を埋める治療

子どもには今、虫歯はありませんが、歯自体の溝に汚れがたまりやすいようで、その溝をうめる治療を早めにしたほうがいいかもしれないといわれました。
どんな治療ですか。子どものうちにすべき治療なのでしょうか。
虫歯が防げるのであればやっておこうかとも考えています。詳しく教えていただきたいです。

亀岡亮先生からのアドバイス

『フィッシャーシーラント』という治療と思われます。
生えたての歯は溝が深く、また歯自体も完全にでき上がっていないため、成人の歯と比べるとむし歯になりやすい状態といえます。生えたての歯にフィッシャーシーラントをすることで、溝を浅くし歯磨きがしやすくなり、むし歯予防に一定の効果が期待できます。
6歳のお子さんだと、6歳臼歯(第一大臼歯)という大人の歯が生えてくる時期の為、フィッシャーシーラントを勧められたのかもしれません。しかし、お口の中の環境がよく、また歯磨きが上手にできている場合には、必ずしも行う必要はありません。
小児歯科専門機関の歯科医師は、お子さんのむし歯予防に精通しています。必要かどうか、一度相談されてはいかがでしょうか。

亀岡亮先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。