このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > こどもの歯石

こども歯科相談室

その他 Q&A

お気に入りに追加

2018年09月11日

こどもの歯石

こどもなのに歯石がたまりやすいらしく、3~6カ月ごとにカリカリと歯石をとってもらっていますが歯が傷ついたりはしませんか。そしてどうしたらつきにくくなるか教えていただきたいです。

芦澤みなみ先生からのアドバイス

歯科医院では適切な器具で歯石を除去した後、除去した面を機械で研磨しているため歯が傷つくことはほとんどありません。
歯石は歯の汚れである歯垢が唾液の成分によって石灰化したもので、歯石になってしまうと歯みがきでは除去できません。このため予防として、歯みがきで歯垢を除去することが重要です。歯石の沈着しやすい部位として、唾液の出口が近くにある下の前歯の裏側と上の奥歯の頬側があげられます。その部位を含めて、適切な歯みがきの方法で磨いてあげましょう。しかし、唾液の成分も歯石の沈着に関与しているため、歯石の付きやすさには個人差があり、歯石があるからといって必ずしも歯ブラシができていないとは一概には言えません。
現在のように定期的に歯科を受診し、歯石の除去や歯石がついてしまう部位の歯ブラシの当て方を教えてもらいましょう。

芦澤みなみ先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関するご相談に、日本歯科大学附属病院小児歯科の
医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する