このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > 小帯異常

こども歯科相談室

その他 Q&A

2014年08月19日

小帯異常

子供が就学時検診で小帯異常(舌が短い)と診断されました。特に気を付けることなどあるのでしょうか?(40代)

白瀬敏臣先生からのアドバイス

話し方や食べ方が気になりませんか?
舌の下の筋(舌小帯)が短いと、舌を前に出そうとすると先端がハート型にくびれてしまい、口の中で舌の動きが制限されます。赤ちゃんの頃は舌小帯が短いのですが、多くは発育とともに改善します。正しい発音は3~5歳にかけて発達します。5歳以降で発音が気になったり、食べ物を飲み込みづらそうであれば手術することがあります。舌の動きが悪いと下の奥歯の裏側を磨くのが難しくなります。6歳臼歯の生え始めの頃は特に注意して磨いて下さい。
口を大きくあけて舌の先が上あごにつきますか?うまく上がらないようでしたら一度小児歯科専門医にご相談ください。

白瀬敏臣先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。