このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > 歯がすり減ってしまいました

こども歯科相談室

その他 Q&A

2014年10月17日

歯がすり減ってしまいました

子供が歯ぎしりをするのですが、前歯が削れて短くなってきています。心配です。(30代)

波多野宏美先生からのアドバイス

5歳頃までのお子さんの歯ぎしりは、生理的な現象でよく見られることです。
歯ぎしりが続くことで、歯が次第に削れて短くなっていくことがあります。毎日の歯ぎしりで歯がゆっくりとすり減るので、実際にお口の中に痛みなどの問題が出てくることはほとんどありません。
また、歯ぎしりの原因としては日中の不安により起こることが多いとされています。もし可能であれば寝る前のひと時にお子さんと一緒に本を読んだり、お話をすることで楽しくリラックスした時間を過ごし、お子さんの情緒的なサポートをすることも歯ぎしりの防止に役立つと言われています。
歯ぎしりの程度にもよりますが、ご心配であれば歯科医院でご相談下さい。

波多野宏美先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来、小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。