このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > 歯の弱い強いってどういうことですか

こども歯科相談室

その他 Q&A

2016年02月29日

歯の弱い強いってどういうことですか

歯の弱い子、強い子ということをたまに耳にしますが、どういうことなのでしょうか?また歯が弱い子は何をすれば歯を強くすることができるのでしょうか。

波多野宏美先生からのアドバイス

基本的に、歯が弱い子、強い子ということはありません。
保護者の方が「うちの子は歯が弱いから、よくむし歯になるんです」とおっしゃることがありますが、基本的に乳歯、永久歯など、それぞれ同じ歯に関していえば、強い・弱いの個人差はありません。
ただし、かなり稀なことですが、特定の症候群(疾患)のお子さんに関しては、歯にも特徴的な症状が出ることがあり、生えた時点から歯が脆かったりするために、むし歯に対してより注意が必要な場合があります。
また、乳歯と永久歯ということで言うと、乳歯の方が永久歯に比べて、歯の厚みが薄く、軟らかいため、一度むし歯になると進行も速いです。さらに、生えたばかりの永久歯は3年くらいの時間をかけて成熟していくため、その間、成熟した永久歯に比べると歯の質としては未熟です。このため、むし歯にしないようにしっかり歯をみがく、ご家庭でもフッ化物配合歯磨剤を使用すること、定期的に歯科受診をするなどして、予防をしていくことが大切です。

波多野宏美先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来、小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。