このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > 小さなこどもの口内炎

こども歯科相談室

その他 Q&A

2016年11月29日

小さなこどもの口内炎

こどもが口内炎になる時があって、その時、口をみせるのも嫌がりますが、口臭もします。凄くかわいそうだなと思いながら病院へ薬をもらいに行くのですが、どうして1歳で口内炎になるのでしょう。普通にあることなのでしょうか。

村松健司先生からのアドバイス

こどもの口内炎の原因としては、以下のようなものが考えられます。
・アフタ性口内炎:免疫力の低下、ストレス、栄養障害、全身疾患などが原因、・カタル性口内炎:むし歯、入れ歯、口腔内の損傷、やけど、薬品刺激などが原因、・ウィルス性口内炎:ヘルペスウィルス、コクサッキーウィルス(手足口病、ヘルパンギーナ)などが原因、・アレルギー性口内炎:食物、金属、薬品などのアレルギー反応が原因、・カンジダ性口内炎:カビの一種(カンジダ・アルビカンンス)が原因。
通常は、・や・が原因で起こることが多いですが、実際には口内炎になりやすい方とそうでない方がいるので、原因を特定するのは困難な場合が多いです。痛みがあるときはお薬を使用し、お口の中を清潔に保ち、口内炎に刺激を与えず、睡眠と栄養を十分取って治していただくのが一番だと思います。
ただし、口内炎が日を追うごとに悪化したり、発熱や倦怠感が続いたり、10日以上経っても治癒しない場合は、小児科や小児歯科への受診をおすすめします。

村松健司先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。