このページの先頭です

こども歯科相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > その他 > 抗生物質の摂取と歯の色

こども歯科相談室

その他 Q&A

2017年01月25日

抗生物質の摂取と歯の色

私は歯が着色汚れでなく黄ばんでいます。原因として幼い頃よく病気をしたので、沢山飲んでいた抗生物質のせいではないかと歯科医院で言われました。子供は幸い今現在、真っ白な歯で虫歯が一本もありませんが、風邪を引いた時などに抗生物質を飲ませない方がいいでしょうか?

村松健司先生からのアドバイス

歯の着色の原因になる薬剤には、テトラサイクリン系の抗生物質があります。
テトラサイクリン系以外の抗生物質であれば服用しても歯には問題はありません。
現在では歯の着色の副作用を考慮して、小児にはテトラサイクリン系以外の抗生物質を使用することがほとんどですが、テトラサイクリン系の抗生物質を長期間にわたり処方されているのであれば、他の抗生物質に変更できないか主治医と相談されてはいかがでしょうか。

村松健司先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。