このページの先頭です

こども歯科相談(歯みがきに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯みがきに関すること > 乳児の歯ブラシの選び方

こども歯科相談室

歯みがきに関すること Q&A

2017年07月20日

乳児の歯ブラシの選び方

10ヶ月になり、下の前歯が生えてきました。
子どもの歯ブラシも色々と種類があり迷います。
歯が生え始め~数本用など書いてありますが、果たしてそんなに種類を分けて使用しなければならないのでしょうか。

白瀬敏臣先生からのアドバイス

お口の状態にあった歯ブラシを使用すると磨きやすくなります。
乳歯は通常、8~9ヶ月頃に下の前歯から生えてきます。1歳頃には上下の前歯4本ずつ、計8本の乳歯が生えてきます。授乳をしている乳児のお口は小さく、とてもデリケートです。そのため乳歯の生え始めは、やわらかめの子ども用歯ブラシや仕上げ用の歯ブラシを用いて、まずはお口の中に入れることから慣らしていきましょう。
1歳6ヶ月頃には奥歯も生え、歯の本数も増えてきます。奥歯もしっかり効率よく磨くためには、発育に合わせて普通の硬さの歯ブラシへ交換していくといいでしょう。柄の太さや長さも年齢により特徴があります。ご使用の歯ブラシでしっかり磨けているかどうか、一度かかりつけ歯科医院に相談されてもいいと思います。

白瀬敏臣先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。